[新製品・サービス]

ファイア・アイ、エンドポイントセキュリティ製品をクラウドと仮想アプライアンスに対応

2017年6月21日(水)IT Leaders編集部

ファイア・アイは2017年6月20日、エンドポイントセキュリティ製品について、新たにクラウドサービスおよび仮想アプライアンスで提供すると発表した。セキュリティ運用を簡素化・統合化・自動化する、最新エンドポイントセキュリティ対策のより柔軟な導入が可能になる。提供は2017年第3四半期までに世界で開始する。

 発表したエンドポイントセキュリティ製品のクラウドサービスおよび仮想アプライアンスは、セキュリティの簡素化、統合化、自動化を可能にする主要アップグレードの1つである。

 クラウドサービスおよび仮想アプライアンスとして提供することにより、ユーザーはコストを削減しながら導入・展開の柔軟性を図れるうえ、大規模なインテリジェンス主導型のエンドポイント・セキュリティの導入が可能になる。

 2017年の追加アップグレードとして、アンチウイルス機能の搭載と、復旧機能の追加を第3四半期に予定している。Linuxへの対応も追加し、macOSとWindowsを含む主要なコンピューター基盤に対応する。

 パートナー企業は「FireEye Helix」を使うことで、エンドポイント・ネットワーク・サードパーティ製品のアラートを統合でき、ユーザーのセキュリティ運用を簡素化することが可能だ。

 また、ファイア・アイは同社のデータサイエンスとAI(Artificial Intelligence)リサーチに基づき、セキュリティ運用の簡略化に向けた継続的な投資を実施するとしている。

関連記事

Special

-PR-

ファイア・アイ、エンドポイントセキュリティ製品をクラウドと仮想アプライアンスに対応ファイア・アイは2017年6月20日、エンドポイントセキュリティ製品について、新たにクラウドサービスおよび仮想アプライアンスで提供すると発表した。セキュリティ運用を簡素化・統合化・自動化する、最新エンドポイントセキュリティ対策のより柔軟な導入が可能になる。提供は2017年第3四半期までに世界で開始する。

PAGE TOP