[新製品・サービス]

Salesforce向けの保護機能をAppExchangeで提供─エフセキュア

2017年6月21日(水)IT Leaders編集部

エフセキュアは2017年6月20日、Salesforceのビジネスアプリケーションマーケットプレイスである「Salesforce AppExchange」で、プロテクション機能「F-Secure Cloud Protection」の提供を開始すると発表した。

 「F-Secure Cloud Protection」は、Salesforce上で共有されるリンクとファイルをチェックして悪質なコンテンツをブロックでき、クラウドサービスの安全性を確保できる。保護ソリューションに、ミドルウェア不要の簡易インストレーション機能を組み合わせSalesforce基盤上に構築しており、AppExchangeから利用することが可能だ。

 様々なレポート機能を有しており、ファイル名、タイプ、ユーザー、IPアドレス、ファイルソース、アップロード・ダウンロードファイル、安全性評価など、クラウドに格納されているコンテンツに関して詳細なリアルタイムの可視性を提供する。

 クラウドで共有されているリンクやファイルの安全性の検証は、Salesforceの性能を低下させずに行う。悪意のあるリンクやファイルをブロックし削除した場合は、管理者が分析とアクションをとれるように記録してフラグを付与する。

 F-Secure Cloud Protectionは、「Sales Cloud」「Service Cloud」「Community Cloud」「Government Cloud」など、様々なSalesforce環境で動作する。

関連記事

Special

-PR-

Salesforce向けの保護機能をAppExchangeで提供─エフセキュアエフセキュアは2017年6月20日、Salesforceのビジネスアプリケーションマーケットプレイスである「Salesforce AppExchange」で、プロテクション機能「F-Secure Cloud Protection」の提供を開始すると発表した。

PAGE TOP