[新製品・サービス]

ニチガスとU-NEXT、エネルギー小売業界向けの顧客対応システムを共同開発

2017年6月26日(月)IT Leaders編集部

日本瓦斯(ニチガス)と、U-NEXT、U-NEXTマーケティングは2017年6月23日、AI(Artificial Intelligence)技術を活用した自動応答サービス「AI コンシェルジュ」を用いた、「エネルギー&AI・サービス」の共同開発を開始すると発表した。

 ニチガスとU-NEXTは、AI(Artificial Intelligence)技術を活用して新たな顧客対応システムを開発する。様々なビックデータをAIが自動的・リアルタイムに抽出し、自動応答を実行できるようにする。質問内容に応じて異なるコールセンターが対応するのではなく、音声自動応答システムでレスポンス良く対応できるように開発を進めるという。

 第1ステップとして、ニチガスとU-NEXTマーケティングは、ニチガスのLP事業における顧客向けの応対業務に、U-NEXTマーケティングの自動応答サービス「AI コンシェルジュ」サービスを導入する。開栓・閉栓作業、緊急時対策、料金問い合わせなどの一次受付を自動で行い、関連部門や営業担当者など必要部署への情報連携を自動化する。

 第2ステップでは、AIコンシェルジュとニチガスのクラウド型基幹システム「雲の宇宙船」とのシステム連携を進め、顧客の情報をビッグデータとして活用して、ボーダレスで、リアルタイムかつ自動応答の顧客対応の実現を目指すとしている。

 そして、ガス・電力の小売事業の顧客対応業務の実証に一定の成果が見られた段階で、第3ステップとして、両社が合弁会社を設立し、エネルギー小売業界への「エネルギー&AI・サービス」の外販を目指す。関係者と協議のうえ、ニチガスが目指すエネルギー基盤への実装を図っていくという。

関連記事

ニチガスとU-NEXT、エネルギー小売業界向けの顧客対応システムを共同開発日本瓦斯(ニチガス)と、U-NEXT、U-NEXTマーケティングは2017年6月23日、AI(Artificial Intelligence)技術を活用した自動応答サービス「AI コンシェルジュ」を用いた、「エネルギー&AI・サービス」の共同開発を開始すると発表した。

PAGE TOP