[木内里美の是正勧告]

ロボット進化の凄さとクラウドファンディングの顛末

2017年6月29日(木)木内 里美

安定した飛行制御や高精細な動画撮影など、マルチロータ型のドローンの進化には、目を見張るものがある。ビジネスでの活用を視野に入れた実証実験も枚挙に暇がない。多くのテクノロジー企業がこの市場に参入し、クラウドファンディングによる挑戦もまた盛んである。今回は、筆者がプレオーダーしたエピソードも交えつつ、ドローンを巡る活況な動きを通して感じていることを記してみる。

 ロボットの進化をYouTubeで見ていると、進化の速さに驚く。ロボットと言っても産業用ロボットとかヒューマノイドロボットとかたくさんのカテゴリーがあるが、筆者が注目したのはマルチロータ型のドローンである。

 Kmel Robotics社が開発した4ロータ(クアッドロータ)の小型飛行ロボットがある。2012年の2月にペンシルバニア大学のラボで10数機が自在に編隊飛行しているビデオをYouTubeで見たことが強く印象に残っている。筆者だけでなく、800万回も再生されたほど注目を集めた。Kmel Robotics社は2015年にクゥアルコムテクノロジーズに買収されている。

 その後も進化は急ピッチで進む。2013年には、驚異的なバランス制御が可能になるとか、複数機が相互に連携する自律飛行ができるようになり、2015年にはGPSを搭載せず、カメラとセンサーとレーザースキャナーでリアルタイム3次元測量を行いながら高速で自律飛行するロボットが開発されている。

 2016年にはドミノ・ピザが一部地域で配達サービスを開始、商業利用の道を開いた。アマゾン・ドットコムも2016年にPrime Airというクアッドロータ型のドローンで試験配送に成功している。こうした進化を見ていると、配送や防災、測量、事故処理など様々なシーンでドローン利用がさらに広がるのは確実だと思う。

3,400万ドルのクラウドファンディングの顛末

 2015年5月、魅力的で買いたいと思うドローンが登場した。アメリカのスタートアップであるLily Robotics社が自動追尾型の空撮ドローン、「Lily Camera」を開発するクラウドファンディングを開始。プレオーダーを499ドルで募集していたのだ。Lily Cameraは自動的に起動し、ホバリングし、手に付けたコントローラーを自動で追尾しながら20分間の動画撮影ができる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
木内里美の是正勧告一覧へ
関連記事

ロボット進化の凄さとクラウドファンディングの顛末安定した飛行制御や高精細な動画撮影など、マルチロータ型のドローンの進化には、目を見張るものがある。ビジネスでの活用を視野に入れた実証実験も枚挙に暇がない。多くのテクノロジー企業がこの市場に参入し、クラウドファンディングによる挑戦もまた盛んである。今回は、筆者がプレオーダーしたエピソードも交えつつ、ドローンを巡る活況な動きを通して感じていることを記してみる。

PAGE TOP