ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[事例ニュース]

NTTデータ、全社員と常駐者3万人を2018年3月末をめどにシンクライアント化

2017年7月10日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2017年7月10日、2018年3月末をめどに全社員と常駐者約3万人の業務パソコン環境をシンクライアント化し、リモートデスクトップ環境に移行すると発表した。7月1日に導入を開始し、7月10日現在で約1万8000人に導入済み。2018年3月末に約3万人への導入を完了する。

 リモートデスクトップ環境として、NTTデータが2011年から提供しているDaaS(Desktop as a Service)サービスの「BizXaaS Office」を使う。リモートで操作するデスクトップ環境としては、デスクトップごとに独立した仮想マシンを用意するVDI(デスクトップ仮想化)型とした。

 シンクライアントの物理端末としては、既存のPCをそのまま使うケースと、新規にシンクライアント専用端末を導入するケースがある。

 今回同社がリモートデスクトップ環境への全面移行を決めた背景には、機密情報の漏えいなどを防止する情報セキュリティ対策の側面と、リモートアクセス環境の整備によってワークスタイルに柔軟性を持たせるという働き方改革の側面がある。

図1●全社シンクライアント化などによる働き方の変化(出所:NTTデータ)図1●全社シンクライアント化などによる働き方の変化(出所:NTTデータ)
拡大画像表示
関連キーワード

シンクライアント

関連記事

NTTデータ、全社員と常駐者3万人を2018年3月末をめどにシンクライアント化 NTTデータは2017年7月10日、2018年3月末をめどに全社員と常駐者約3万人の業務パソコン環境をシンクライアント化し、リモートデスクトップ環境に移行すると発表した。7月1日に導入を開始し、7月10日現在で約1万8000人に導入済み。2018年3月末に約3万人への導入を完了する。

PAGE TOP