[新製品・サービス]

B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムを提供開始

2017年7月24日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

東洋ビジネスエンジニアリングは2017年7月24日、仮想現実(VR)を活用して設備の稼働状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習できるシステム製品「mcframe MOTION VR-learning」を発表した。7月25日から提供する。価格(税別)は、ソフトウェアのみで100万円から。別途、ソフトウェアをインストールするパソコン、HMD、360度カメラが必要。

 VRの道具立てとして、仮想空間の元となる情報を作成するための360度(全方位)カメラと、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイ(HMD)を使う。設備の稼働状況や計器のチェックといった、固定ポイントでの確認作業をユーザー自身でVRコンテンツ化し、学習することができる。これにより、熟練技術者の確認作業ノウハウを伝承できる。

 VR教材の作成手順はこうだ。学習すべき確認作業場所を360度カメラで撮影するだけで、教材で使用する仮想空間を用意できる。システムが、撮影した静止画像から仮想空間を自動生成する。HMDを装着した熟練技術者が仮想空間で実作業と同じ動作を行いながら、確認ポイントを設定する。必要に応じて、各ポイントでの指導コメントをテキスト情報として追加する。

 学習を進める手順はこうだ。まずは、熟練技術者の視線の動きを、パソコンの画面上で学ぶ。次に、HMDを装着して仮想空間に入り、複数のポイントをたどりながら、学んだ視線の動きを実践する。この時の視線は記録されているので、確認作業の順番や所要時間などのデータをもとに、学習成果を評価できる。

 MOTION VR-learningを使うと視線の動きを可視化できるので、必要な個所を正しく見る必要がある作業の学習に利用できる。また、建設現場での点検作業や、鉄道での安全確認作業、災害救助での判断、といった、学習のために再現することが難しいシーンで利用できる。

関連キーワード

VR

関連記事

B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムを提供開始 東洋ビジネスエンジニアリングは2017年7月24日、仮想現実(VR)を活用して設備の稼働状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習できるシステム製品「mcframe MOTION VR-learning」を発表した。7月25日から提供する。価格(税別)は、ソフトウェアのみで100万円から。別途、ソフトウェアをインストールするパソコン、HMD、360度カメラが必要。

PAGE TOP