[インタビュー]

「Oracle DBの費用はサーバーとストレージで抑制できる」─Dell EMCのOracleエンジニア

2017年8月1日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

「サーバーのCPU使用率を高めればOracle Databaseのライセンス費用を節約できる。サーバー仮想化によるデータベース統合や、高性能なストレージを組み合わせることが有効だ」――。米Dell TechnologiesのDell EMC部門でOracle Databaseの専門エンジニアを務めるBart Sjerps氏とPrem(Trichy) Premkumar氏は、Oracle DatabaseのTCO(総所有コスト)を下げる方法を説いた。

クライアント側で重複排除ができるバックアップストレージ

写真2●米Dell TechnologiesのDell EMC部門で、Asia Pacific & Japan部門のPrincipal Systems Engineer - DPS Technical Architectを務めるPrem(Trichy) Premkumar氏写真2●米Dell TechnologiesのDell EMC部門で、Asia Pacific & Japan部門のPrincipal Systems Engineer - DPS Technical Architectを務めるPrem(Trichy) Premkumar氏
拡大画像表示

 Oracle Databaseのバックアップ/リカバリ環境についてPrem氏は、多くのユーザーが過剰なコストを支払っていると指摘。複数ベンダーのツールが混在しているなど、バックアップ環境が複雑化していることが原因の1つである。

 Prem氏は、Dell EMCの製品として、データバックアップ用途に特化したNASストレージであるData Domainの有効性をアピールする。

 Data Domainの最大の特徴は、重複排除機能を備えること。NASストレージ側で重複を排除する仕組みだが、専用のエージェント「DD Boost」を使うと、バックアップサーバーやデータベースサーバーなどのエージェント側でデータの重複を排除できる。これにより、重複しているバックアップデータをネットワークに流さずに済む。

 DD Boostのクライアントには3種類ある。データバックアップへの組み込み(9種類)、DBMSなどのアプリケーションごとのエージェント(17種類)、NFSを拡張してクライアント側での重複排除を可能にしたBoostFS、である。

 BoostFSのクライアントをLinuxに導入し、これを介してData Domainをネットワークマウントすることで、データバックアップソフトやアプリケーションを介さない任意のデータコピーについても、クライアント側での重複排除が可能になる。現状ではLinux版に限られるが、Windows版も提供予定である。

 Data Domainは、ハードウエアアプライアンスだけでなく、クラウドとの親和性が高い仮想アプライアンス版も用意している。Azureマーケットプレイスでも入手できる。

写真3●Bart Sjerps氏(写真右)と、Prem(Trichy) Premkumar氏(写真左)写真3●Bart Sjerps氏(写真右)と、Prem(Trichy) Premkumar氏(写真左)
拡大画像表示
関連記事

「Oracle DBの費用はサーバーとストレージで抑制できる」─Dell EMCのOracleエンジニア [ 2/2 ] 「サーバーのCPU使用率を高めればOracle Databaseのライセンス費用を節約できる。サーバー仮想化によるデータベース統合や、高性能なストレージを組み合わせることが有効だ」――。米Dell TechnologiesのDell EMC部門でOracle Databaseの専門エンジニアを務めるBart Sjerps氏とPrem(Trichy) Premkumar氏は、Oracle DatabaseのTCO(総所有コスト)を下げる方法を説いた。

PAGE TOP