[新製品・サービス]

オンプレ/クラウドアプリの稼働状況と性能を一元監視するソフト―日本IBM

2017年8月1日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

日本IBMは2017年8月1日、オンプレミスおよびクラウド環境で稼働するアプリケーションの稼働状況や性能を一元的に監視し、エンドユーザーに影響がおよぶ前に問題を検知できるソフト「IBM Cloud Application Performance Management」を発表、同日提供を開始した。買取型のライセンスのほかSaaS版も用意した。

 オンプレミスを含むハイブリッドクラウド環境で稼働する複数のアプリケーションを監視し、性能面での問題や可用性の問題を検知する。OS/ミドルウェアの稼働状況、プロトコル/トランザクション、エンドユーザーから見た応答性能、などを監視する。これにより、性能などの障害が起こる前に対応できるようにする。

画面1●IBM Cloud Application Performance Managementの画面画面1●IBM Cloud Application Performance Managementの画面
拡大画像表示

 パブリッククラウド上で稼働している他社サービスの監視も可能で、監視可能なサービスを継続的に拡大している。

 複数のアプリケーションの稼働状況を、1つのダッシュボードで表示する。システム環境ごとにダッシュボードを使い分ける必要がなく、障害検知と問題箇所の特定を迅速に行えるとしている。ダッシュボードは、デザイナツールを使って簡単に作成/カスタマイズできる。また、CSV(カンマ区切り形式)でレポートを出力できる。

 価格(税別)は、買取型のライセンスが、監視対象の仮想マシン1台あたり5万9700円。SaaS版は、監視対象の仮想マシン1台あたり3687円。

 同社では、ハイブリッドクラウドを前提としたシステム運用管理ソフトとして、今回のIBM Cloud Application Performance Managementのほかにも、いくつかのソフトを提供している。

 2017年5月に提供を開始した「IBM Operations Analytics Predictive Insights」は、時系列データの解析と平常時の挙動の自己学習をもとに、因果関係をモデル化し、障害発生前に異常を検知する。監視対象1台あたりの価格は、買取型が6万5900円で、SaaS型が月額1万7800円。

 2017年6月に提供を開始した「Netcool Operations Insight」は、クラウド環境から発生するイベント情報を統合して分析するためのソフトである。監視対象1台あたりの価格は、買取型が6005円で、SaaS型は未提供。

関連記事

Special

-PR-

オンプレ/クラウドアプリの稼働状況と性能を一元監視するソフト―日本IBM 日本IBMは2017年8月1日、オンプレミスおよびクラウド環境で稼働するアプリケーションの稼働状況や性能を一元的に監視し、エンドユーザーに影響がおよぶ前に問題を検知できるソフト「IBM Cloud Application Performance Management」を発表、同日提供を開始した。買取型のライセンスのほかSaaS版も用意した。

PAGE TOP