開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

Web APIを介してPDFを作成/編集/変換できるAPIサーバーソフト―スカイコム

2017年8月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

スカイコムは2017年8月2日、Web API(REST API)を介してPDFファイルの作成/編集や変換ができるAPIサーバーソフト「SkyPDF WebAPI」を発表、同日販売を開始した。PDFファイルを取り扱うアプリケーションを短期間で開発できるようになる。Windows Server 2012以降で動作する。

 PDFに対する各種操作を外出しし、Web APIを介して利用できるようにするAPIサーバーソフトである。APIを組み込むだけでPDFの操作が可能になるため、PDFファイルを取り扱うアプリケーションを短期間で開発できる。

図1●SkyPDF WebAPIとSkyPDF Web Server(PDF変換ソフト)を連携させればREST API経由でOffice文書などのファイルをPDF形式に変換できる(出所:スカイコム)図1●SkyPDF WebAPIとSkyPDF Web Server(PDF変換ソフト)を連携させればREST API経由でOffice文書などのファイルをPDF形式に変換できる(出所:スカイコム)
拡大画像表示

 主な機能として、POST(PDFファイルをPOSTしてリソースURIを作成)、PUT(PDF情報の編集)、GET(PDFファイルのダウンロードやPDF情報の取得)、DELETE(削除)などができる。

 PDF変換サーバーソフトの「SkyPDF Web Server」とSOAPで連携することも可能である。これにより、SkyPDF WebAPIのREST APIを窓口として、Office文書などのファイルをPDF形式に変換できる。

 提供するAPIの一覧は以下の通り。

SkyPDF WebAPIのAPI一覧(※1はSkyPDF Web Serverとの連携が必要)
PDF文書登録 ページ数取得 フォームデータ更新
元文書登録変換有 ※1 ページサイズ取得 フォームデザイン確定
元文書登録変換無 セキュリティ情報取得 フォームデザイン追加
URL変換 ※1 PDF/A変換 フォームデザイン編集
リソース削除 文字列追加 フォームデータを取得
ファイル添付 ページ番号挿入 フォームデザイン取得
ヘッダ、フッタ追加 ページ削除 フォームデザイン削除
PDF結合 ページ回転 手書き情報登録
透かし追加 PDF分割(抽出) 手書き情報取得
セキュリティ設定変更 画像取得 手書き文字認識
PDF取得 矩形情報取得 テキスト取得

 価格(税別)は、開発ライセンスが200万円。運用時に必要な運用ライセンスは、APIを組み込んだ業務アプリケーションのエンドユーザー数に応じて変わる。最も単価が高くなる1~500ユーザー時は、1ユーザーあたり2万円または月額500円。最も単価が安くなる1万1ユーザー以上では、1ユーザーあたり5500円または月額156円。
 

関連記事

Web APIを介してPDFを作成/編集/変換できるAPIサーバーソフト―スカイコム スカイコムは2017年8月2日、Web API(REST API)を介してPDFファイルの作成/編集や変換ができるAPIサーバーソフト「SkyPDF WebAPI」を発表、同日販売を開始した。PDFファイルを取り扱うアプリケーションを短期間で開発できるようになる。Windows Server 2012以降で動作する。

PAGE TOP