[クラウド活用パターン辞典〜Amazon Web Servicesを使い倒す!〜]

AWSのAIサービスを使って自動化を進める【最終回】

2017年8月7日(月)清野 剛史(クラスメソッドAWS事業部ソリューションアーキテクト)

本連載では、AWS(Amazon Web Services)の実用的な使い方に、様々な視点、切り口から考えてきた。今回は、これからの利用が広がっていくであろう新領域の代表格であるAI(人工知能)を取り上げる。AWSのAIサービスを実用的なアプリケーションにいかに組み込み、処理の自動化を図るかを考える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

  • 1
  • 2
バックナンバー
クラウド活用パターン辞典〜Amazon Web Servicesを使い倒す!〜一覧へ
関連記事

Special

-PR-

AWSのAIサービスを使って自動化を進める【最終回】 [ 2/2 ] 本連載では、AWS(Amazon Web Services)の実用的な使い方に、様々な視点、切り口から考えてきた。今回は、これからの利用が広がっていくであろう新領域の代表格であるAI(人工知能)を取り上げる。AWSのAIサービスを実用的なアプリケーションにいかに組み込み、処理の自動化を図るかを考える。

PAGE TOP