[新製品・サービス]

中堅下位向けERP「GLOVIA きらら 販売」にクラウド版、必要に応じて機能を組み合わせ

2017年8月2日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通マーケティング(FJM)は2017年8月2日、主として年商100億円未満の中堅下位企業を対象としたERP(統合基幹業務システム)ソフト「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら」のラインアップを拡充し、「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。8月7日に提供開始する。

 GLOVIA きらら 販売のクラウド版では、ユーザーの業務範囲に合わせて利用する機能を選択し、組み合わせる方式を採用した。必要な機能に絞ることができるため、低価格・短期間かつ段階的な導入が可能になる。

図1●「GLOVIAきらら」クラウドサービスの全体像(出所:富士通マーケティング)図1●「GLOVIAきらら」クラウドサービスの全体像(出所:富士通マーケティング)
拡大画像表示

 パッケージ版のうち、日用雑貨や包装資材など主に消費財を扱うユーザー向けの「Type I(標準)」をベースに、使用頻度の高い機能を、基本サービスと7つのオプションに分割し、利用したい機能だけを選択できる形式にした。

 基本サービスとして、「売上・売掛・請求管理」を提供する。これと組み合わせる7つのオプションは、「仕入・買掛・支払管理」、「在庫管理」、「見積管理」、「受注管理」、「発注管理」、「出荷管理」、「入荷管理」である。

 価格(税別)は、基本サービスが月額1万5000円。オプションは、仕入・買掛・支払管理が月額1万2000円で、その他がそれぞれ月額1万円。クラウド版のその他の機能の価格は、GLOVIA きらら 会計の基本サービスが月額1万5000円、GLOVIA きらら 人事給与の基本サービスが月額1万2000円。導入支援費用は別途必要。

 販売、会計、人事給与のクラウド版を合わせて、「GLOVIA きらら」のクラウドサービスとして販売に注力する。これに合わせ、クラウド版で利用できる帳票のカスタマイズサービスも開始した。カスタマイズ費用は個別見積もりで、カスタマイズした帳票の運用費用は1帳票あたり月額3000円。

販売価格および提供時期
製品名 販売価格(税別) 提供時期
GLOVIA きらら 販売 クラウド版 基本サービス
(1会社、1利用者ID、売上・売掛・請求管理)
月額1万5000円 2017年8月7日
オプション 仕入・買掛・支払管理 月額1万2000円
在庫管理、見積管理、受注管理、
発注管理、出荷管理、入荷管理
各オプション
月額1万円
GLOVIA きらら 会計 クラウド版 基本サービス
(1会社、1利用者ID)
月額1万5000円 提供済み
GLOVIA きらら 人事給与 クラウド版 基本サービス
(1会社、1利用者ID、従業員50人)
月額1万2000円 提供済み
カスタマイズ運用オプション(1帳票あたり) 月額3000円 2017年8月7日
関連記事

中堅下位向けERP「GLOVIA きらら 販売」にクラウド版、必要に応じて機能を組み合わせ 富士通マーケティング(FJM)は2017年8月2日、主として年商100億円未満の中堅下位企業を対象としたERP(統合基幹業務システム)ソフト「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら」のラインアップを拡充し、「GLOVIA きらら 販売」のクラウド版を追加した。8月7日に提供開始する。

PAGE TOP