[市場動向]

Preferred Networks、トヨタ自動車から約105億円の資金調達

2017年8月4日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

IoT分野を中心にディープラーニング(深層学習)を応用した事業を研究開発しているPreferred Networks(PFN)は2017年8月4日、トヨタ自動車から約105億円の追加出資を受けることで合意したと発表した。PFNが第三者割当増資により発行する株式をトヨタ自動車が引き受ける。これにより、トヨタ自動車はPFNの外部筆頭株主となる。

 PFNとトヨタ自動車は、2014年10月から、自動運転技術などモビリティ事業分野におけるAI(人工知能)技術を共同で研究・開発している。2015年12月には、関係強化を目的に、トヨタ自動車がPFNに10億円を出資した。今回の追加出資によって、共同での研究・開発を加速させる。PFNは、今回の資金調達により、計算環境の拡充や優秀な人材の確保をすすめる。

 PFNによると、PFNが持つ機械学習、深層学習、ビッグデータ処理などの技術が、自動運転をはじめとした次世代のモビリティ社会の実現を目指すトヨタ自動車にとって必要不可欠であると評価された、としている。

 PFNは、IoTにフォーカスした深層学習技術のビジネス活用を目的に2014年3月に創業した企業。交通システム、製造業、バイオヘルスケアの3つを重点事業領域とし、トヨタ自動車、ファナック、国立がん研究センターなどと協業している。

 IoTデバイスが生み出す膨大なデータをネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱。オープンソースの深層学習フレームワーク「Chainer」や、アプリケーションを含む統合パッケージソフト「Deep Intelligence in-Motion」(DIMo)を開発・提供している。

関連キーワード

AI / 深層学習

関連記事

Preferred Networks、トヨタ自動車から約105億円の資金調達 IoT分野を中心にディープラーニング(深層学習)を応用した事業を研究開発しているPreferred Networks(PFN)は2017年8月4日、トヨタ自動車から約105億円の追加出資を受けることで合意したと発表した。PFNが第三者割当増資により発行する株式をトヨタ自動車が引き受ける。これにより、トヨタ自動車はPFNの外部筆頭株主となる。

PAGE TOP