[市場動向]

NTTなど、マルチコア光ファイバで100Tbps超の伝送に成功

2017年8月8日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTとKDDI総合研究所、住友電気工業、フジクラ、古河電気工業、NEC、千葉工業大学は2017年8月8日、現在の光ファイバと同じ細さで1本に4個の光の通り道(コア)を持つマルチコア光ファイバを用いて、毎秒100テラビットを超える毎秒118.5テラビットの伝送を実現したと発表した。2020年代前半の実用化を目指す。

 新たに作成したマルチコア光ファイバの特徴は、ガラス直径と被覆直径を、現在の光ファイバの国際規格に準拠する125マイクロメートルと235~265マイクロメートルとして、光ファイバ1本あたりの製造性を維持したこと。この上で、1つ1つのコアが単一コアの光ファイバと同等の伝送品質を持つマルチコア光ファイバを作成した。

図1●今回のマルチコア光ファイバの特徴(出所:NTT)図1●今回のマルチコア光ファイバの特徴(出所:NTT)
拡大画像表示

 マルチコア光ファイバでは、隣り合うコア間の光信号の干渉を十分に低減する必要がある。NTTとKDDI総合研究所は、125マイクロメートルのガラス直径で4~5個のコアを配列できることを明らかにした。この設計の下、住友電工、フジクラ、古河電工の3社がそれぞれ、長さ100キロメートル以上のマルチコア光ファイバを作製した。

 作製したマルチコア光ファイバを20~40キロメートルのピースに分割し、意図的に製造元が異なるマルチコア光ファイバを相互接続し、長さが104~107キロメートルの3つの伝送区間を構築した。この結果、汎用の単一コアの光ファイバと比べて遜色のない低損失なマルチコア伝送路を実現できた。

 さらに、3つの伝送区間をつなげて316キロメートルのマルチコア伝送路を構築。各々の伝送区間の終端に、NEC、KDDI総合研究所、NTT、古河電工が作製した3台のマルチコア光増幅器を接続し、各区間の光の減衰を補償した。伝送実験の結果、標準外径の光ファイバを用いた伝送実験では世界最大となる毎秒118.5テラビットの伝送容量を達成した。

 なお、汎用の単一コアの光ファイバの伝送容量は、毎秒1T~10Tビットという。

関連記事

NTTなど、マルチコア光ファイバで100Tbps超の伝送に成功 NTTとKDDI総合研究所、住友電気工業、フジクラ、古河電気工業、NEC、千葉工業大学は2017年8月8日、現在の光ファイバと同じ細さで1本に4個の光の通り道(コア)を持つマルチコア光ファイバを用いて、毎秒100テラビットを超える毎秒118.5テラビットの伝送を実現したと発表した。2020年代前半の実用化を目指す。

PAGE TOP