[新製品・サービス]

日本オラクルと三菱電機、製造業向けIoT基盤開発で連携

2017年8月9日(水)IT Leaders編集部

日本オラクルは2017年8月8日、IoT(Internet of Things)基盤の開発で三菱電機と連携すると発表した。三菱電機が持つエッジ領域のソフト基盤「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携させ、生産現場のデータの収集・分析・改善を支える基盤として活用する。

 FA-ITオープンプラットフォームでは、生産現場のデータモデルを容易に構築できるように、開発者用サイトから開発キットをダウンロードし、基盤上で動作するユーザー向けアプリケーションを開発できるようにする。また、クラウド・ITベンダーのサービスと生産現場を接続し、グローバルに点在する自社複数工場の一元管理やサプライチェーンを含めた管理と合わせて最適化を図れる。

 連携させるオラクルのクラウドサービスは、データベース「Oracle Database Cloud Service」、アプリケーション実行基盤「Oracle Java Cloud Service」、ビジネスデータ分析基盤「Oracle BI Cloud Service」、IoTデータ受信・処理基盤「Oracle IoT Cloud Service」、アプリケーション連携基盤「Oracle SOA Cloud Service」、コンピュート/ストレージ基盤「Oracle Infrastructure as a Service(IaaS)」、である。

 工作機械や生産端末からリアルタイムに取得した情報を「Oracle IoT Cloud Service」で受信し、拡張可能な基盤で効率的なリアルタイム処理を可能にする。また、蓄積したビッグデータの分析において、「Oracle Database Cloud Service」が備える機械学習機能や、「Oracle BI Cloud Service」のレポート機能、コスト効率に優れた「Oracle IaaS」を提供することで、製造業のスマート化を支援する。

関連記事

Special

-PR-

日本オラクルと三菱電機、製造業向けIoT基盤開発で連携 日本オラクルは2017年8月8日、IoT(Internet of Things)基盤の開発で三菱電機と連携すると発表した。三菱電機が持つエッジ領域のソフト基盤「FA-ITオープンプラットフォーム」とオラクルのクラウドサービスを連携させ、生産現場のデータの収集・分析・改善を支える基盤として活用する。

PAGE TOP