[新製品・サービス]

Webコンテンツに含まれるコードを除去してマルウェア感染を防ぐソフト―テクマトリックス

2017年8月9日(水)IT Leaders編集部

テクマトリックスは2017年8月8日、Webアクセス環境を社内LANから分離することによって無害化するソフト「Menlo Security Isolation Platform(MSIP)」のオンプレミス版を発売した。Webコンテンツに含まれるコードを除去する仕組み。開発会社は米Menlo Security。価格は要問い合わせ。販売目標は、2018年3月末までに50組織以上。

 MSIPは、Webブラウザとインターネットを仲介するセキュリティソフトである。ユーザーがアクセスしているWebコンテンツを、いったんMSIPの仮想環境(コンテナ)上のWebブラウザで実行して描画し、HTMLの画面情報だけをユーザーのWebブラウザに転送する仕組み。

図1●Menlo Security Isolation Platformの概要(出所:テクマトリックス)図1●Menlo Security Isolation Platformの概要(出所:テクマトリックス)
拡大画像表示

 コンテンツ変換では、Webコンテンツに含まれるコードを除去する。JavaやFlashのコンテンツ、JavaScriptを含んだWebページ、マクロを含んだOffice文書ファイルなどからコードを除去し、コードを含まないHTMLページに変換する。

 これにより、Webサイトのコンテンツにマルウェアが存在したとしても、コンテナ内でしか活動できないため、社内LANへの侵入を防止できる。Active Directoryのグループごとにポリシー設定が可能である。

 自社に設置済みのプロキシやゲートウェイと組み合わせて使える。専用のWebブラウザやソフト、特別なプラグインなどをインストールする必要がなく、ユーザーは従来のWebブラウザをそのまま利用できる。

 MSIPには、SaaS型クラウドサービスとオンプレミス版のソフトウェアがある。テクマトリックスでは、社内のセキュリティポリシー上、クラウドが利用できないユーザーを想定し、オンプレミス版を販売する。

関連記事

Special

-PR-

Webコンテンツに含まれるコードを除去してマルウェア感染を防ぐソフト―テクマトリックステクマトリックスは2017年8月8日、Webアクセス環境を社内LANから分離することによって無害化するソフト「Menlo Security Isolation Platform(MSIP)」のオンプレミス版を発売した。Webコンテンツに含まれるコードを除去する仕組み。開発会社は米Menlo Security。価格は要問い合わせ。販売目標は、2018年3月末までに50組織以上。

PAGE TOP