[新製品・サービス]

マクニカネットワークス、イスラエルCyberArk Softwareの特権アカウントセキュリティを提供

2017年8月23日(水)IT Leaders編集部

ネットワーク機器やセキュリティ対策製品を提供するマクニカネットワークスは2017年8月22日、イスラエルCyberArk Softwareの特権アカウント管理製品「CyberArk Privileged Account Security」を提供すると発表した。

 Privileged Account Securityは、特権アカウント管理に生じる課題に対処できるようにするパッケージソフトである。組織の特権アカウントの管理・保護の強化を支援する。

 中核となる「Enterprise Password Vault」では、ポリシーに基づいた特権アカウントのパスワード自動変更や、利用者ごとにアクセスを許可するシステムの設定、誰が・いつ・どの特権アカウントを利用したのかといったログの取得ができる。特権アカウントの認証情報の保護・管理・監査が可能。

 オプションのPrivileged Threat Analyticsを使うと、特権アカウントの利用履歴をリアルタイムに分析し、悪質な利用者の振る舞いを検知・警告できる。Enterprise Password Vaultでの特権アカウント管理に加えて、Privileged Threat Analyticsによるサイバー攻撃や内部不正に対する動的解析を行うことで、高度なセキュリティ対策が可能になる。

関連記事

マクニカネットワークス、イスラエルCyberArk Softwareの特権アカウントセキュリティを提供ネットワーク機器やセキュリティ対策製品を提供するマクニカネットワークスは2017年8月22日、イスラエルCyberArk Softwareの特権アカウント管理製品「CyberArk Privileged Account Security」を提供すると発表した。

PAGE TOP