[事例ニュース]

みずほ銀行と日本IBM、Watsonでテロ資金のリスク管理を検証

2017年8月24日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

みずほ銀行と日本IBMは2017年8月24日、テロ資金などへの対策として、大量のデータから洞察を導き出す“コグニティブ技術”を搭載したIBM Watson製品を活用し、リスク管理を高度化・効率化する業務検証を開始したと発表した。

 具体的には、IBM Watsonを利用した金融機関向けのクラウドサービスで、金融犯罪に関する知見を備えた「IBM Financial Crimes Due Diligence with Watson」を使う。これにより、各種ニュースソースのふるい分けなど、これまで手作業で行なっていた業務を自動化する。

 今回の検証は、シンガポールで実施する。成長するアジア市場の中核であり、規制対応とFinTechの活用に積極的に取り組んでいる市場である。今回の検証後、シンガポール以外の拠点も含め、グローバル地域での活用も検討する。

 みずほ銀行は、テロ資金やマネーロンダリングへの対策として、各国の規制に応じたリスク管理を実施している。膨大な情報を収集して精査するためには、業務プロセスを高度化するとともに、業務の効率化が必要だった。IBM Financial Crimes Due Diligence with Watsonによって、膨大な情報の収集と分析にかかる時間を短縮する。

関連記事

みずほ銀行と日本IBM、Watsonでテロ資金のリスク管理を検証 みずほ銀行と日本IBMは2017年8月24日、テロ資金などへの対策として、大量のデータから洞察を導き出す“コグニティブ技術”を搭載したIBM Watson製品を活用し、リスク管理を高度化・効率化する業務検証を開始したと発表した。

PAGE TOP