[事例ニュース]

セゾン情報システムズがSAP ERPの保守をリミニストリートに移管―日本リミニストリートが発表

2017年8月25日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

独SAPや米Oracleのソフトウェアの保守を5割引で代行している米Rimini Streetの日本法人である日本リミニストリートは2017年8月25日、SIベンダーのセゾン情報システムズが、自社で活用するSAP ERPの保守サポートを米Rimini Streetに移管したと発表した。

 日本リミニストリートによれば、セゾン情報システムズは、統合基幹業務システムとして2006年にSAP ERPを導入し、バージョンをECC 6.0まで上げて利用を継続している。今回、この保守を、ベンダー保守から米Rimini Streetへと切り替えた。

 ソフトウェアベンダーの正規の保守サービスの代わりに米Rimini Streetの保守サービスを利用することによって、ユーザーは保守費用を50%削減できる。

 このほかの特徴として、ユーザーごとに専任のサポートエンジニアがつく、重大なケースに対する問い合わせに15分以内で応答する、現行のシステムをアップグレードすることなく15年間稼働させられる、などがある。

関連記事

セゾン情報システムズがSAP ERPの保守をリミニストリートに移管―日本リミニストリートが発表独SAPや米Oracleのソフトウェアの保守を5割引で代行している米Rimini Streetの日本法人である日本リミニストリートは2017年8月25日、SIベンダーのセゾン情報システムズが、自社で活用するSAP ERPの保守サポートを米Rimini Streetに移管したと発表した。

PAGE TOP