[新製品・サービス]

NEC、ERPソフト「EXPLANNER/Z」で業種適合性とクラウドサービス対応を強化

2017年9月4日(月)IT Leaders編集部

NECは2017年9月1日、ERP(統合基幹業務システム)ソフト「EXPLANNER/Ai」の後継製品「EXPLANNER/Z」を発表、同日販売を開始した。新たに、製造業向けの機能を強化した。価格(税別)は、130万円から。

 強化点の1つは、業種ごとの適合性を強化したことと、クラウド環境への移行を支援するメニューを新規に追加したこと。

図1●EXPLANNER/Zの概要(出所:NEC)図1●EXPLANNER/Zの概要(出所:NEC)

 業種ごとの適合性では、各業種の業務領域ごとにコンポーネント(業種テンプレートや業務アプリケーション)を整備した。必要なコンポーネントを適宜組み合わせるだけで、要件に適したERPシステムを迅速かつ低コストで導入できるとしている。まずは卸売業や製造業を対象とし、今後、パートナー企業と連携した「コンポーネント流通制度」によって適用業種を順次拡大する。

 クラウド環境への移行を支援する新メニューの1つ、「プライベート型SaaS」は、カスタマイズ対応やネットワーク帯域の占有など、各企業の仕様に合わせたシステムをSaaS型で提供する。価格(税別)は、5ユーザーで月額20万円から。もう1つの新メニュー「IaaS利用ユーザ向けメニュー」は、IaaS上でEXPLANNER/Zを利用するユーザー向けに、月額利用型ライセンスを提供するものである。価格(税別)は、5ユーザーで月額5万円から。

 EXPLANNERシリーズと連携可能なソフトして、AI(人工知能)とIoT分野のソフトを提供する。具体的には、『商品需要予測ソリューション』、『在庫可視化ソリューション(モノづくりIoTソリューション)』、『自動応答を活用した受注効率化ソリューション』、『顔認証PCセキュリティ「NeoFace Monitor」』、『勤怠管理システム「勤革時」』、を用意した。

 今回、開発・販売体制も強化した。販売体制については、NECソリューションイノベータやNECネクサソリューションズなどグループ各社との連携を強化し、NECグループでEXPLANNERの営業要員を従来の2倍となる約1000人規模に拡充した。SI体制については、SEを従来の2倍となる300人に強化した。日本マイクロソフトとのパートナー連携も強化した。例えば、Microsoft AzureをNEC cloud IaaSに加えてサポートする。

関連キーワード

ERP

関連記事

NEC、ERPソフト「EXPLANNER/Z」で業種適合性とクラウドサービス対応を強化 NECは2017年9月1日、ERP(統合基幹業務システム)ソフト「EXPLANNER/Ai」の後継製品「EXPLANNER/Z」を発表、同日販売を開始した。新たに、製造業向けの機能を強化した。価格(税別)は、130万円から。

PAGE TOP