グローバル展開 グローバル展開記事一覧へ

[新製品・サービス]

NEC、中国に進出する製造業に向けてPLM(製品ライフサイクル管理)クラウドを中国で販売

2017年9月11日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NECは2017年9月11日、中国に進出する日系製造業や現地の製造業に向けて、PLM(製品ライフサイクル管理)のSaaS型クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を中国国内で販売開始した。価格は、5ユーザーで月額8万円(日本円換算)から。中国の販売代理店を通じて販売する。販売目標は今後3年間で100社。

 Obbligato for SaaSは、製造業向けのPLMソフト「Obbligatoシリーズ」をベースとしたSaaS型のクラウドサービスである。Obbligatoシリーズの機能のうち、「製品構成(BOM)管理」、「ドキュメント管理」、「設計変更情報管理」、「持ち出し制御」に関する機能を標準定義している。

 SaaS型のサービスであるため、設計図面や部品表などの製品技術情報や関連ドキュメントなどを、組織内で効率的かつ安価に管理できるという。最短2週間で導入できるとしている。利用者によるソフトウェアのバージョンアップやサーバーの保守作業が不要なため、少ないIT要員でもPLMシステムを運用できる。

 クラウドサービスの基盤は、中国国内のデータセンターに構築した。クラウドサービスとしての信頼性や通信品質を実現するとともに、中国におけるサイバーセキュリティ法などの各種法規制に準拠したとしている。日本の製品を中国の現地仕様に合わせて新たに設計・開発する際に利用できる。

関連キーワード

PLM

関連記事

NEC、中国に進出する製造業に向けてPLM(製品ライフサイクル管理)クラウドを中国で販売 NECは2017年9月11日、中国に進出する日系製造業や現地の製造業に向けて、PLM(製品ライフサイクル管理)のSaaS型クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を中国国内で販売開始した。価格は、5ユーザーで月額8万円(日本円換算)から。中国の販売代理店を通じて販売する。販売目標は今後3年間で100社。

PAGE TOP