[新製品・サービス]

富士通がFIDO認証サービスを強化、スマホで生体認証可能に

2017年9月12日(火)IT Leaders編集部

富士通は、2017年9月11日、従来のパスワードに代わる認証技術の1つである「Fast IDentity Online(FIDO)」をオンラインサービスに取り込むサービス「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」を強化したと発表した。企業内の業務システムへのアクセスなどにFIDO認証を使用できるパソコン・スマホ連携機能を追加し、9月11日から提供する。価格は個別見積もり。販売目標は、2018年度までに1000万ID。

 オンライン生体認証サービスは、パスワードに代わるFIDO認証機能を提供するサービスである。同サービスを使えば、業務システムなどへのログイン認証にFIDO認証を利用できるようになる。生体認証とICカードなどのように複数の認証手段を組み合わせて2要素認証を行う「FIDO認証 Universal 2nd Factor(U2F)」による認証もできる。

図1●パソコン・スマホ連携機能のシステムイメージ(出所:富士通)図1●パソコン・スマホ連携機能のシステムイメージ(出所:富士通)
拡大画像表示

 今回の強化で追加したパソコン・スマホ連携機能は、FIDO認証で用いる生体認証のためのデバイスとして、専用のアプリケーションをインストールしたスマートフォンを利用できるようにする機能である。これにより、パソコンやパソコンの周辺機器に生体認証機能が搭載されていなくても、スマートフォンがあればパソコンと連携して生体認証ができるようになる。

 具体的な使い方はこうだ。パソコンから業務システムにアクセスする際に、本人認証が必要な場面になると、パソコン画面にQRコードが表示される。これをスマートフォンのアプリケーションで読み込むと、パソコンとスマートフォンがひも付けられる。こうして、あらかじめスマートフォンに格納しておいた生体情報を用いて認証を行う。

 あらかじめアプリケーションさえインストールしておけば、会社支給のスマートフォンだけでなく、個人所有のスマートフォンを活用できる。このため、新たに生体認証デバイスを導入する必要がない。なお、オンライン生体認証サービスでは、2要素認証のためにICカードやUSBキーなどの外部デバイスとWindowsパソコンをセットにした製品も提供する。

関連キーワード

FIDO

関連記事

富士通がFIDO認証サービスを強化、スマホで生体認証可能に 富士通は、2017年9月11日、従来のパスワードに代わる認証技術の1つである「Fast IDentity Online(FIDO)」をオンラインサービスに取り込むサービス「FUJITSU IoT Solution 生体センサー認証ソリューション オンライン生体認証サービス」を強化したと発表した。企業内の業務システムへのアクセスなどにFIDO認証を使用できるパソコン・スマホ連携機能を追加し、9月11日から提供する。価格は個別見積もり。販売目標は、2018年度までに1000万ID。

PAGE TOP