[五味明子のLock on!& Rock on!]

IBM & Hortonworks、Facebook & Microsoft - 加速するAI業界再編の動き

2017年9月12日(火)五味 明子(ITジャーナリスト)

2017年のバズワードNo.1となりそうな勢いのAI(Artificial Intelligece、人工知能)。当然ながらIT業界ではAI分野での主導権を握ろうとする動きがビッグベンダーを中心に加速している。注目したいのは、ひと昔前のように1社ですべてを牛耳ろうとするのではなく、お互いの得意分野を伸張するかたちの提携が目立っている点だ。今回はそうしたAI業界の流れを象徴する提携 - 日本IBMとホートンワークスジャパン、FacebookとMicrosoftの協業について紹介する。

IBMとHortonworksの戦略的提携~「1+1=2ではなく10倍以上の効果がある」

 日本IBMとホートンワークスジャパンは2017年9月5日、日本IBMの箱崎事業所においてビッグデータビジネスにおける両者の戦略的協業を発表した。これは今年6月に米サンノゼで開催されたHortonworks主催のビッグデータカンファレンス「DataWorks Summit 2017 San Jose」での発表(http://it.impressbm.co.jp/articles/-/14633)を国内でも開始するアナウンスである。概要を以下に記そう。

  • 日本IBMはデータ分析基盤として「Hortonworks Data Platform(HDP)」「Hortonworks DataFlow(HDF)」の再販/サポートを開始する
  • ホートンワークスジャパンはHadoop向けSQLエンジン「IBM Big SQL」とデータサイエンスの統合開発環境「IBM Data Science Experience(DSX)」の再販/サポートを開始する
IBMとHortonworksの提携の概要。それぞれの製品をお互いに販売およびサポートし、オールインワンなデータ分析基盤を両者が共同で提供するイメージだ
拡大画像表示
IBM Data Science ExperienceはApache Sparkを梱包したデータサイエンスのための統合開発環境。IBM SPSSやDb2などIBMの既存環境との連携も容易。デフォルトの提供形態はクラウドで、オンプレミスを希望の場合は応相談となる
拡大画像表示

 これに伴い、IBMは同社が開発してきたHadoopベースのデータ分析環境「IBM BigInsights」の提供を中止し、HDPおよびHDFを“IBMのデータ分析基盤”としてサポートしていくことになる。また、ホートンワークスジャパンはHDPにIBM DSXをバンドルすることで、“AIを含むオールインワンなデータ分析プラットフォーム”が提供可能となった。

日本IBM 執行役員 クラウド事業本部 クラウドソフトウェア&アナリティクス事業部長 三浦美穂氏

 日本IBM 執行役員 クラウド事業本部 クラウドソフトウェア&アナリティクス事業部長 三浦美穂氏は「IBMとHortonworksの提携は今回が初めてではなく、これまでも良好な関係を保ってきた。Hortonworksのデータ分析基盤はHadoopのデファクトスタンダード。データ分析における基盤となるレイヤーはHortonworksに任せて、IBMはその上のレイヤーであるデータサイエンスやAIといった分野にフォーカスしていく」と語っており、データアナリティクスにおける“選択と集中”に特化した結果の提携であることを強調する。

ホートンワークスジャパン 執行役員社長 廣川裕司氏

 一方、ホートンワークスジャパン 執行役員社長 廣川裕司氏は「今回の提携は“1+1=2”という単純なものではなく、10倍以上の効果を期待できる発表。その理由は3つある。両者ともそれぞれの分野でトップの技術力を持っていること、パートナーエコシステムが確立していること、そして両者ともコミュニティをリードしている存在であること。特にHortonwroksはApache HadoopやApache NiFiに2000人を超えるコミッターを輩出している。IBMにも多くのコミッターが在籍しており、両者で日本のコミュニティ拡大にもつなげたい」と語る。オープンソースを基盤にしたデータレイク構築を得意とするHortonworksと、「チームプレイでのデータサイエンス」(三浦氏)を強みにAI分野での主導権を取りたいIBM──。拡大を続けるAI市場で両者の“相互補完”のアプローチがどう活きるのか、引き続き注目していきたい。

FacebookとMicrosoftによる「ONNX」の成否はAI市場の行方を占う試金石

 Google、Facebook、Apple、Amazon、Microsoft──。ここ数年、ビッグデータやAIを含む最新技術トレンドはこの5つの巨大IT企業から生まれていると言っても過言ではない。9月7日(米国時間)、このうちの2つの企業 - FacebookとMicrosoft - がオープンソースをベースとした新しいAIエコシステムモデル「Open Neural Network Exchange(ONNX)」を発表した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
五味明子のLock on!& Rock on!一覧へ
関連記事

IBM & Hortonworks、Facebook & Microsoft - 加速するAI業界再編の動き2017年のバズワードNo.1となりそうな勢いのAI(Artificial Intelligece、人工知能)。当然ながらIT業界ではAI分野での主導権を握ろうとする動きがビッグベンダーを中心に加速している。注目したいのは、ひと昔前のように1社ですべてを牛耳ろうとするのではなく、お互いの得意分野を伸張するかたちの提携が目立っている点だ。今回はそうしたAI業界の流れを象徴する提携 - 日本IBMとホートンワークスジャパン、FacebookとMicrosoftの協業について紹介する。

PAGE TOP