[新製品・サービス]

ヤマハが拠点VPNルーター「RTX830」、クラウド型の管理やAWS接続など運用管理性を向上

2017年9月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ヤマハは2017年9月13日、拠点間接続に向いたVPNルーター機器の新モデル「RTX830」を発表した。2017年10月に提供開始する。既存モデル「RTX810」の後継モデルに当たる。クラウドから個々のRTX830をリモートで管理する機能などを追加した。価格(税別)は7万5000円で、販売目標は年間6万台。

写真1●RTX830の外観写真1●RTX830の外観
拡大画像表示

 RTX830は、拠点間接続などに向いたVPNルーター機器のエントリーモデルである。WANインタフェースとLANインタフェースを備え、LAN側は4ポートのレイヤー2スイッチを備え、ポートベースVLANが使える。ポートはWAN/LANともに1000BASE-T。きょう体は幅220×厚さ43.5×奥行き160.5mmと小型である。コンソール接続はRJ45またはmini USB。

 既存モデルのRTX810と比べて、きょう体のサイズや設定ファイルの互換性を維持しつつ、性能と機能強化を図った。性能面では、スループットを1Gbpsから2Gbpsへと向上、VPN対地数を6から20へと向上、VPNスループットを200Mbpsから1Gbpsへと向上、NATセッション数を4096から6万5534へと向上させた。最大消費電力は11Wで、RTX810と変わらない。

 機能面ではまず、ヤマハ独自のクラウド型ネットワーク管理サービス「YNO(Yamaha Network Organizer)」と連携できるようにした。これにより、個々のルーターに個別にログインすることなく、YNOのコンソール画面を介してすべてのルーターの設定を変更できるようになった。今後は、ゼロタッチコンフィグレーション機能も追加する。あらかじめRTX830の設定をYNOに保存しておくことで、RTX830を初めて拠点に配置する際に、ネットワークにつなげるだけで自動的に設定が反映されるようにできる。

図2●クラウド型の管理コンソールから複数のルーターを一元的に管理できる(出所:ヤマハ)図1●クラウド型の管理コンソールから複数のルーターを一元的に管理できる(出所:ヤマハ)
拡大画像表示
図3●Amazon VPCのようなクラウドサービスへの接続を簡素化する機能を追加した(出所:ヤマハ)図2●Amazon VPCのようなクラウドサービスへの接続を簡素化する機能を追加した(出所:ヤマハ)
拡大画像表示

 Amazon VPCのようなクラウドサービスへのVPN接続を簡素化する機能も追加した。クラウドベンダーから渡されているIDとシークレットキーを設定するだけで、IPsecVPNやBGP経路設定などのネットワーク設定が自動的に生成され、ルーターに反映される機能である。クラウドサービス接続の設定にかかる手間を軽減できる。現時点ではAmazon VPCに限って設定を簡素化できるが、このほかのクラウドサービスも順次拡充する。

 アクセス先のドメイン名(FQDN)によって経路を切り替える機能も追加した。例えば、通常のインターネットアクセスは本社のデータセンターへのVPN接続を介して行い、特定のSaaSアプリケーションについては拠点から直接インターネットに出ていくようにするといった運用が可能になる。

図4●アクセス先のドメイン名に応じて経路を切り替えられるようにした。これにより、例えば、特定のSaaSあての通信は本社を介さずにインターネットに直接出ていくといった運用ができる(出所:ヤマハ)図3●アクセス先のドメイン名に応じて経路を切り替えられるようにした。これにより、例えば、特定のSaaSあての通信は本社を介さずにインターネットに直接出ていくといった運用ができる(出所:ヤマハ)
拡大画像表示

 新版ではまた、複数拠点へのVPN接続を1つのVPN設定だけで実現するマルチポイントトンネル機能を追加した。RTX830は、マルチポイントトンネルの拠点側として利用できる。これにより、拠点の増設や移設など、VPN環境に変化があった場合の設定変更作業の手間を軽減できる。

写真2●コンソール接続ポートとして、RJ45に加えてmini USBも使えるようにした写真2●コンソール接続ポートとして、RJ45に加えてmini USBも使えるようにした
拡大画像表示

 管理用パソコンをRTX830にケーブルで直結してメンテナンスする場合の利便性も高めた。シリアルポートとして、これまでのRJ45ポートに、新たにmini USBポートを追加した。

関連記事

ヤマハが拠点VPNルーター「RTX830」、クラウド型の管理やAWS接続など運用管理性を向上 ヤマハは2017年9月13日、拠点間接続に向いたVPNルーター機器の新モデル「RTX830」を発表した。2017年10月に提供開始する。既存モデル「RTX810」の後継モデルに当たる。クラウドから個々のRTX830をリモートで管理する機能などを追加した。価格(税別)は7万5000円で、販売目標は年間6万台。

PAGE TOP