デジタルマーケティング デジタルマーケティング記事一覧へ

[新製品・サービス]

自社サイト外の行動データをマーケティングに利用―NTTデータがSIサービス

2017年9月27日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータは2017年9月27日、顧客の行動データを利用した“リアルタイムマーケティング”を実現するシステム構築サービスを10月1日から提供すると発表した。自社サイト以外での顧客の行動を把握した上で、顧客が興味を持ったタイミングを逃さずにアプローチできるようになるという。

 システムの構成要素として、unerryの位置情報データ基盤「Beacon Bank」と、トレジャーデータのデータ分析サービス「TREASURE CDP」を使う。Webアクセスログなどの各種ログと実世界での位置情報ログを取り込んでマーケティングに利用することにより、自社サイト以外での顧客の行動をオンラインと実世界の両面から知ることができる。

図1●自社サイト外の行動データをリアルタイムマーケティングに活用するシステムの概要(出所:NTTデータ)図1●自社サイト外の行動データをリアルタイムマーケティングに活用するシステムの概要(出所:NTTデータ)
拡大画像表示

 今回のシステム構築サービスを利用すると、顧客の行動を把握した上で、リアルタイムにマーケティング施策を実施できるようになる。顧客の興味・関心を即座に収集し、顧客が興味を持ったタイミングを逃さずに、顧客にあったアプローチを実現できる、としている。

 背景には、自社データを中心としたマーケティング分析では、顧客に対する理解は自社のスコープを超えられないという状況があった。顧客の興味・関心を広範囲に捉えてタイムリーにオファリングを行いたいという要望に応えることができていなかったという。

 構成要素の1つ、Beacon Bankは、ビーコンをシェアして利用できるサービス基盤である。登録されているビーコンを自由に使って位置データを取得できるので、エリアマーケティングなどに利用できる。

 構成要素の1つ、TREASURE CDPは、CDP(カスタマーデータプラットフォーム)を標ぼうするデータ分析ソフトである。Webサイトや実店舗など様々な販売チャネルにおける行動ログを収集し、メール配信サービスなどの各種のマーケティングツールと連携してマーケティング施策を実行できる。

関連記事

Special

-PR-

自社サイト外の行動データをマーケティングに利用―NTTデータがSIサービス NTTデータは2017年9月27日、顧客の行動データを利用した“リアルタイムマーケティング”を実現するシステム構築サービスを10月1日から提供すると発表した。自社サイト以外での顧客の行動を把握した上で、顧客が興味を持ったタイミングを逃さずにアプローチできるようになるという。

PAGE TOP