[事例ニュース]

NTT ComとNCS、ドラレコ映像から一時停止違反を96%の確率で検出

2017年10月3日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本カーソリューションズ(NCS)は2017年10月3日、ドライブレコーダーの映像から、一時停止しなければならない場所で一時停止しなかった状況を、96%という実用的な精度で検知したと発表した。ディープラーニング(深層学習)を活用した物体検出アルゴリズムを使っている。

図1●ドライブレコーダーに記録されている一時停止標識の例(出所:NTTコミュニケーションズ)図1●ドライブレコーダーに記録されている一時停止標識の例(出所:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 実験では、ディープラーニングを活用した物体検出アルゴリズムを用いて、ドライブレコーダーの映像から道路標識などを抽出した。これを、センサーデータ(速度)と組み合わせて分析した。これにより、「道路標識などによって一時停止すべきことが指定されている場所で一時停止しなかった事象」(一時停止違反)を検出した。

 NCSが保有する約2000件のドライブレコーダーの映像から、一時停止違反の映像を抽出したところ、96%という実用可能な精度で検知できた。具体的には、今回のアルゴリズムが一時停止違反であると判断した映像が本当に一時停止違反に当たる割合が96%で、一時停止違反と判断されるべきデータのうち一時停止違反だと判断した割合は89%だった。

図2●実験の流れ(出所:NTTコミュニケーションズ)図2●実験の流れ(出所:NTTコミュニケーションズ)
拡大画像表示

 実験の背景には、ドライブレコーダーの映像から危険運転シーンを抽出して分類する業務には多くの時間を要する、という課題がある。NCSは、専任のスタッフが人手でこの業務を行ってきた。一方のNTT Comは、2016年からディープラーニングによるドライブレコーダー映像の解析に取り組み、成果を上げてきた。

 NTT Comは、今回のアルゴリズムを、車両向けAI/IoTサービスとして提供していく。NCSは、現在は専任スタッフが行っている危険運転映像の抽出業務に、今回のアルゴリズムを活用していく。さらに、将来的には映像解析サービスを利用する顧客にもデータ解析結果を提供する。

関連キーワード

ディープラーニング

関連記事

Special

-PR-

NTT ComとNCS、ドラレコ映像から一時停止違反を96%の確率で検出 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)と日本カーソリューションズ(NCS)は2017年10月3日、ドライブレコーダーの映像から、一時停止しなければならない場所で一時停止しなかった状況を、96%という実用的な精度で検知したと発表した。ディープラーニング(深層学習)を活用した物体検出アルゴリズムを使っている。

PAGE TOP