[新製品・サービス]

トレンドマイクロ、IoTに特化したレピュテーションなどIoT向け製品群を整備

2017年10月11日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

トレンドマイクロは2017年10月11日、IoT環境に特化したレピュテーションサービス「IoT Reputation Service」や、IoT機器向けのセキュリティソフト「Trend Micro IoT Security」など、IoT環境向けのセキュリティ製品群を発表した。同社の既存の製品群と組み合わせることで、IoTシステムを総合的に守る。新製品群の提供時期などは未定である。

 IoT Reputation Serviceは、IoT機器へのサイバー攻撃に特化したレピュテーション(集合知)サービスである。危険性のあるIoT機器の情報と、そのIoT機器の通信先の情報をデータベースに蓄積することで、同様のサイバー攻撃が他のIoT機器に対して行われた際に、事前に通信をブロックし被害を未然に防ぐ。

図1●工場向けのIoTセキュリティ製品群の例(出所:トレンドマイクロ)図1●工場向けのIoTセキュリティ製品群の例(出所:トレンドマイクロ)
拡大画像表示

 収集する情報として、ブロードバンドルーター機器などに組み込んだセキュリティ機能「Trend Micro Smart Home Network」を使う。ネットワーク上でのIoT機器への疑わしい挙動を検出し、これをクラウド上のIoT Reputation Serviceへとフィードバック・収集して分析する。

 Trend Micro IoT Securityは、IoT機器向けのセキュリティソフトである。IoT機器のリスク検知やシステム保護、アクセス制御などを実現する。

 トレンドマイクロでは、新たに用意する製品サービスと、既存の製品サービスを組み合わせて、IoT向けのセキュリティ製品群として位置付ける。家庭、工場、自動車その他、という3つの業種別に製品群を積み上げ、販売に注力する。IpT機器、ネットワーク、管理サーバー、データ分析という多層でIoTシステムを守るとしている。

関連記事

Special

-PR-

トレンドマイクロ、IoTに特化したレピュテーションなどIoT向け製品群を整備 トレンドマイクロは2017年10月11日、IoT環境に特化したレピュテーションサービス「IoT Reputation Service」や、IoT機器向けのセキュリティソフト「Trend Micro IoT Security」など、IoT環境向けのセキュリティ製品群を発表した。同社の既存の製品群と組み合わせることで、IoTシステムを総合的に守る。新製品群の提供時期などは未定である。

PAGE TOP