開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

アシスト、手作業と知的判断をRPAやBPMSで自動化するパッケージを販売

2017年10月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アシストは2017年10月12日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト、BRMS(ビジネスルール管理システム)ソフト、データ連携ソフトの3製品を組み合わせたソフトウェアパッケージ「AEDAN(えいだん)自動化パック」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、初年度1カ月当たり87万4000円。

 AEDAN自動化パックは、定型業務を自動化するためのソフトウェア基盤である。アシストが販売している3つの製品を組み合わせてパッケージ化している。RPAソフト「ROBOWARE」(イーセクターが開発)、BRMSソフト「Progress Corticon」(米Progress Softwareが開発)、データ連携ソフト「DataSpider Servista」(アプレッソが開発)の3製品である。

図1●AEDAN(えいだん)自動化パックのソフトウェア構成(出所:アシスト)図1●AEDAN(えいだん)自動化パックのソフトウェア構成(出所:アシスト)
拡大画像表示

 具体的には、パソコンの操作による定型作業をRPAソフトのROBOWAREで自動化し、データの集約と加工にデータ連携ソフトのDataSpider Servistaを活用しながら、作業前後の知的判断をBRMSソフトの「Progress Corticon」に行わせる。これにより、高度な業務判断を含む定型業務を人の介在なしに自動化する。

図2●AEDAN(えいだん)自動化パックの利用イメージ(出所:アシスト)図2●AEDAN(えいだん)自動化パックの利用イメージ(出所:アシスト)
拡大画像表示
関連キーワード

RPA / BRMS

関連記事

Special

-PR-

アシスト、手作業と知的判断をRPAやBPMSで自動化するパッケージを販売 アシストは2017年10月12日、RPA(ロボットによる業務自動化)ソフト、BRMS(ビジネスルール管理システム)ソフト、データ連携ソフトの3製品を組み合わせたソフトウェアパッケージ「AEDAN(えいだん)自動化パック」を発表、同日提供を開始した。価格(税別)は、初年度1カ月当たり87万4000円。

PAGE TOP