開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

百五銀行がRPAソフトを試行導入、NTTデータ東海が導入支援

2017年10月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

NTTデータとNTTデータ東海は2017年10月13日、百五銀行(三重県津市)がRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」を10月16日から試験的に導入すると発表した。

 百五銀行は、2017年5~9月にかけて実施した事前検証において、本部事務のうち、格付自己査定業務と投資信託集計報告業務の2つを対象に自動化した。このうち格付自己査定業務では、年間1283時間の削減効果を確認した。

 格付自己査定業務は、顧客リストに基付き、2つのサブシステムから情報を取得し、Excelへの転記などを繰り返す。人が作業した際は、1件当たり14分を要していた。RPAによって、これを3分に短縮した。年間の削減効果は、11分×年間7000件で、1283時間に相当する。

 今回開始する試行導入では、本部の事務の中でRPAの対象業務を順次拡大しながら効果を測定する。効果測定の結果を受けて、本格的にWinActorの導入を進めていく計画である。

 百五銀行は、2016年4月1日に「働き方改革推進室」を設置し、銀行全体としての労働生産性を高める取り組みを行っている。この取り組みの中で、行内でのデスクワークを代行・自動化するRPAのニーズが高まっていた。

 WinActorは、NTTアドバンステクノロジが開発した国産のRPAソフトである。NTTデータはWinActorの販売元であり、今回は百五銀行の業務を対象にしたシナリオ作成を支援した。NTTデータ東海は、百五銀行へのWinActorの販売と、WinActorを適用する業務の整理、WinActorの導入支援を実施した。

関連キーワード

RPA

関連記事

Special

-PR-

百五銀行がRPAソフトを試行導入、NTTデータ東海が導入支援 NTTデータとNTTデータ東海は2017年10月13日、百五銀行(三重県津市)がRPA(ロボットによる業務自動化)ソフト「WinActor」を10月16日から試験的に導入すると発表した。

PAGE TOP