アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[技術解説]

エンタープライズサーチの最新技術トレンド(前編)

2007年7月12日(木)

2006年頃からエンタープライズサーチへの注目が急速に高まりつつある。ウェブ2.0の旗手であるGoogleがエンタープライズサーチに参入したことに加え、迎え撃つIBM、Oracle、Microsoftといったエンタープライズの巨人も次々とエンタープライズサーチソリューションを展開しつつある。これら大手ITベンダーの参入により2007年は企業が本格的にエンタープライズサーチ導入に向けて動き出すと考えられる。本稿ではエンタープライズサーチの動向を紹介していきたい。

なぜ今、エンタープライズサーチか

爆発する企業内のデータ

IT環境の進化によって、企業内に蓄積されるデータ量は爆発的な増大を続けている。たとえば、製造業A社の例を見てみよう。A社では、情報共有とコラボレーションのためにLotus Notes/Domino(以下Notes)を全社的に導入している。新製品の開発や障害発生時の記録、各種営業情報などさまざまな活動情報がデータベースに蓄積されている。蓄積の結果、データベース数はおよそ7000にも及び文書数は2000万文書以上という状況になっている。また、これ以外にも各部門単位で使用しているファイルサーバーが存在し、総ファイル数は膨大なものとなっている。情報洪水はあなたの会社でも起こっているのではないだろうか? せっかくの貴重な情報資産であるが、このような情報洪水の中から必要な情報を探し出すことは「干し草の中から針を見つける」ようなものである。

実際に今日のホワイトカラーは、1日の業務時間の多くを溢れかえる情報の処理に費やしている。リアルコムの調査では、平均的なホワイトカラーは1日の業務時間の約50%をPCの前で過ごし、そのうち「情報の検索」や「資料作成」などに業務時間の約40%を費やしている(図1)。そして、これらの時間はデータ量の爆発により、日を追うごとに増加していると考えられている。企業では、蓄積された情報資産を効果的に活用するための方策を検討する必要がある。そこで注目を集めているのがエンタープライズサーチなのである。

図1 情報収集・活用に要する時間

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

エンタープライズサーチの最新技術トレンド(前編)2006年頃からエンタープライズサーチへの注目が急速に高まりつつある。ウェブ2.0の旗手であるGoogleがエンタープライズサーチに参入したことに加え、迎え撃つIBM、Oracle、Microsoftといったエンタープライズの巨人も次々とエンタープライズサーチソリューションを展開しつつある。これら大手ITベンダーの参入により2007年は企業が本格的にエンタープライズサーチ導入に向けて動き出すと考えられる。本稿ではエンタープライズサーチの動向を紹介していきたい。

PAGE TOP