アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[技術解説]

エンタープライズサーチの最新技術トレンド(後編)

2007年7月18日(水)

エンタープライズサーチ製品は、すでにさまざまなものが世に提供されているが、大きく3つに分類できる。3つのサーチ製品の代表的製品と特徴を説明していこう。

エンタープライズサーチ製品の3分類

エンタープライズサーチ製品は、すでにさまざまなものが世に提供されているが、大きく3つに分類できる。3つのサーチ製品の代表的製品と特徴を説明していこう。

テキスト処理系サーチ製品

テキスト系サーチ製品とは、独自の日本語処理機能に特徴のある製品である。代表的な製品としては、ジャストシステム社のConceptBaseやアクセラテクノロジー社のAccela BizSearchがある。

ジャストシステム社のConceptBaseは、日本の企業内で最も多く使用されている検索エンジンのひとつであると考えられる。最大の特徴は、ジャストシステムがこれまでに培ってきた日本語処理技術をベースに自然文による検索が可能である点だ。自然文検索とベクトル検索モデルを組み合わせることで、日本語ユーザーにとって「自然」な検索手段が提供されている。また、キーワードサーチも可能となっており、幅広い検索ニーズに対応することができる。

アクセラテクノロジー社のAccela BizSearchは検索漏れに強いN-Gram方式によるインデックス作成を行うところが特徴である。また、独自の日本語処理技術を融合させ、高い検索精度を実現している。加えて、検索パフォーマンスが良いことでも知られている。ConceptBase Vと並び、日本企業で多く使用されている検索エンジンである。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

エンタープライズサーチの最新技術トレンド(後編)エンタープライズサーチ製品は、すでにさまざまなものが世に提供されているが、大きく3つに分類できる。3つのサーチ製品の代表的製品と特徴を説明していこう。

PAGE TOP