[エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0]

Web 2.0提言書:1 はじめに~この提言書の読み方・使い方

2007年7月24日(火)

本提言書は、節単位で原則、内容が独立しているため、目次を参照しつつ、自由な順序で読み、使っていただくことができる。 本節に続く「2. マッシュアップ・アプリケーションを組んでみる」では、Web 2.0的手法を象徴するマッシュアップの具体的な実装の中身、手順を紹介する。2.1節は、XSLTを駆使して、直列的にマッシュアップ・コンテンツを加工し、軸足となるメタデータを緯度経度、時間、キーワード、と次々と切り替えるユニークな事例(作者:日本ユニシス・小林茂氏:Web 2.0部会サブリーダ)である。2.2節では、マッシュアップにおけるサービス呼び出し方式3種を事例中心に紹介した上で、これらを簡便に組み合わせ、連携させた事例を紹介する。

「3. Web 2.0の要素技術をエンタープライズに導入するために」ではまず、このようなマッシュアップのための素材の探し方、吟味の仕方を紹介する。次に、様々なAjax開発手法と、出来上がったWeb 2.0アプリのテスト手法を示して全体を通した後、アジャイルにWeb 2.0的サイトを1から構築するために急速に脚光を浴びつつある軽量言語の活用法を紹介する。さらに、クライアント・サーバ間やサーバ間の連携を適切に行うための、SOAP vs. RESTをはじめとするWebサービスの使い分け法から、法的メタデータ活用による素材の利用ラインセンス吟味の“高速化”まで、Web 2.0的な手法、要素技術をエンタープライズで活用するための勘所を紹介する。

「4. エンタープライズWebアプリケーション最新事例」は、エンタープライズWebアプリケーション最新事例として、まず、Sun × リクルート第2回マッシュアップ・コンテストの受賞作品からエンタープライズ系のものを選んで紹介する。次に、Webブラウザ内でGUIの本格的OSが動いてしまうWebOSが出現し、OSの機能と操作性を提供しているものを「究極のWebアプリケーション」として紹介する。

「5. Web 2.0のビジネスモデル」では、Web 2.0のビジネスモデルを論じる。サービスへのシフトを契機に、Web 2.0的なビジネスモデルの特徴を考察した上で、新しく出現したステークホルダー「WebAPI提供者」を中心にした、10種類ほどの収益モデルを図解している。

「6. おわりに」では、現在脚光を浴びているSaaS(Software as a Service)が、エンタープライズ向けのWeb 2.0に他ならないことを示した上で、Web 2.0の技術と思想が今後着実にエンタープライズに根付いていく旨を表明し、本稿を締めくくる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
エンタープライズ・システムのためのWeb 2.0一覧へ
関連記事

Web 2.0提言書:1 はじめに~この提言書の読み方・使い方本提言書は、節単位で原則、内容が独立しているため、目次を参照しつつ、自由な順序で読み、使っていただくことができる。 本節に続く「2. マッシュアップ・アプリケーションを組んでみる」では、Web 2.0的手法を象徴するマッシュアップの具体的な実装の中身、手順を紹介する。2.1節は、XSLTを駆使して、直列的にマッシュアップ・コンテンツを加工し、軸足となるメタデータを緯度経度、時間、キーワード、と次々と切り替えるユニークな事例(作者:日本ユニシス・小林茂氏:Web 2.0部会サブリーダ)である。2.2節では、マッシュアップにおけるサービス呼び出し方式3種を事例中心に紹介した上で、これらを簡便に組み合わせ、連携させた事例を紹介する。

PAGE TOP