[市場動向]

第2回:SaaS提供にかかわるさまざまなプレイヤー

2007年7月30日(月)

SaaS(Software as a Service)のエンタープライズへの浸透が開始されている。ソフトウェアの導入運用のコストや管理工数削減に意欲的な企業がSaaSに強い関心を示しているのだ。そのニーズに対して、SaaSを提供するサイドはどう動こうとしているのだろう。今回は、SaaS提供に関わるさまざまなプレイヤーたちを見ていきたい。

新しいフレームワークに向けて

Google以前のIT業界は、すでに住み分けがほぼ終了したかのような閉塞感が色濃かった。ソフトウェアのジャンルでも新しいベンダーの登場よりも、買収や合併といった統合に向けたニュースばかりが目に付くことが多かったが、こうした流れをインターネットインフラの整備とウェブアプリケーションの普及が断ち切った。従来のパッケージソフトベンダーやSIerは、開発から営業・販売まで含めた完成度の高いビジネスモデルであり、豊富なノウハウを積み重ねていたため、その市場に新規参入するのは困難だった。しかし、SaaSはそうした既存の枠組みの窮屈さから抜け出し、新たなソフトウェアベンダーの参入の可能性が高まるとともに、従来のソフトウェアベンダーの多くもSaaSに対応した業態の見直しを迫られることになった。

SaaSに関係したソフトウェアのビジネスを考える際に、従来のパッケージ提供型とは異なったアプローチをとる例が多く見られる。それは、「サービス」を成立させるために必要なパートナーを見つければいいというポイントに起因する。仮に自らがSaaSプラットフォームのベンダーにならなくとも、SaaSベンダーが公開したAPIを利用してソフトウェアを提供するパートナーのポジションを取ることも可能だ。こうした協業によって、ユーザーニーズに正確に応えるソフトウェアの効率的かつスピーディーな開発・提供が可能になる。一方、これまで1社提供にこだわってきた既存ベンダーは、従来の体制ではSaaSの発展速度に対応していくことが難しくなり、SaaSプラットフォームの提供者としての生き残りを図るために、新たなパートナーとの協業も視野に入れざるを得なくなってきている。

SaaSの周辺では、開発のみにとどまらないさまざまなアプローチでの協業が図られている。最近のニュースを見ても、ネットスイートとホワイトパジャマジャパンのコールセンターシステムの提供や、日本SGIとメディアエクスチェンジ(MEX)のSaaSの流通までを視野に入れた提携、KDDIとマイクロソフトのオフィス&モバイル両面での利用を一本化するサービスへ向けた提携など枚挙に暇がない。さまざまなパートナーシップの構築が非常に加速している印象だ。

そこからはIT業界全体を巻き込んでいくかもしれない、新たなフレームワーク参加への意思が読み取れるように思える。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

第2回:SaaS提供にかかわるさまざまなプレイヤーSaaS(Software as a Service)のエンタープライズへの浸透が開始されている。ソフトウェアの導入運用のコストや管理工数削減に意欲的な企業がSaaSに強い関心を示しているのだ。そのニーズに対して、SaaSを提供するサイドはどう動こうとしているのだろう。今回は、SaaS提供に関わるさまざまなプレイヤーたちを見ていきたい。

PAGE TOP