コミュニケーション コミュニケーション記事一覧へ

[技術解説]

REALCOM KnowledgeMarket V4(後編)

2007年8月21日(火)

前編では、KnowledgeMarketとはどのような製品なのかについて説明した。後編となる本稿では、 KnowledgeMarketの導入が企業にもたらす効果について説明していく。

情報洪水から企業を救う

企業内における情報共有の大切さが叫ばれて久しい。しかし、実際は「情報が共有されていないこと」よりも、むしろ「情報がありすぎること」が問題なのだ。つまり、情報がありすぎるがゆえに、必要な情報が必要な人に届いていないのが現状なのだ。こうした情報の洪水が起こった原因にはさまざまものが考えられるが、筆者は「情報の世界では市場原理が働いていない」ことが大きな原因と考えている。

この「市場原理」とはどういうものだろうか? 情報には「作り手」と「受け手」が存在する。たとえば、ファイルサーバーなら、作り手は情報をファイルサーバー上に置いて、受け手がその情報にアクセスする。しかし、こうしたやり取りで問題になるのが、そのファイルが誰に見られたか、また、そのファイルが役に立ったのかを知る術がないことだ。そのため、誰もアクセスしていないようなファイルがいつまでも残り続けたり、逆に評判のよいファイルが不要なファイル群の中に埋もれてしまったりしている。その結果、せっかくの貴重な資源を有効活用できていないという事態が発生しているのである。つまり、「よいものは残り、悪いものは消えていく」という一般市場では当たり前の原理が、企業内の情報システムでは働いていないのだ。

KnowledgeMarketは、そんな企業内の情報システムに「市場原理」をもたらし、社内の情報を有効活用できるようにするものである。

KnowledgeMarketでは、すべての情報について、「誰」が、「いつ」参照したのかについてログを取っている。そのため、よく参照されているファイル、ほとんど見られていないファイルが一目瞭然となる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

REALCOM KnowledgeMarket V4(後編)前編では、KnowledgeMarketとはどのような製品なのかについて説明した。後編となる本稿では、 KnowledgeMarketの導入が企業にもたらす効果について説明していく。

PAGE TOP