[技術解説]

第3回:エンタープライズマッシュアップとSaaS

2007年8月22日(水)

SaaSの登場によってこれまで大規模企業を中心に自社開発されていた企業内情報システムや業務システムにも変化が訪れようとしている。WebAPIを活用した企業システムの構築であるエンタープライズマッシュアップのための環境が整備されてきている。SaaSによってもたらされた恩恵を、企業は今後自社開発システムでも享受できるのだろうか?

エンタープライズマッシュアップを選択する理由

SaaSの技術基盤であるマッシュアップの技法を、社内情報システム、業務システム構築に応用するのがエンタープライズマッシュアップだ。

これは既視感のある構図だ。グループウェアが先陣を切った企業システムのWebテクノロジー対応、イントラネットの構築という流れがWeb2.0の時代のエンタープライズにあってはWebAPIを複数組み合わせて社外サーバーも利用して必要なサービス(機能)を実現するというスタイルをとるということだろう。

前回、前々回とSaaSの利用企業と開発サイド(SaaSベンダーとパートナー)の従来のソフトウェアと比較してのアドバンテージを見てきた。ユーザーサイドからは初期導入のしやすさや減価償却などに関するコスト面のメリット、開発者側の製作期間圧縮や開発コスト削減などのメリットが顕著だったが、エンタープライズマッシュアップにおいても、そうしたメリットを企業は同様に享受できるのだろうか?

まず開発時の期間短縮は可能であるし、その間の人件費だけ考えてもコストを削減することはできるだろう。SaaS同様、エンタープライズマッシュアップ採用の一番の動機も、このコストとスピードの問題だ。また、ユーザーサイドのメリットに関しては、新しいUIを簡単に構築できる点や、メンテナンスの容易さ、変更の簡易性など、アプリケーションのサービス向上を挙げることができる。しかし、自社開発である以上は、市場(ネット)に流通しているSaaSアプリケーションを利用するほどのリードタイムの短縮は難しい。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

第3回:エンタープライズマッシュアップとSaaSSaaSの登場によってこれまで大規模企業を中心に自社開発されていた企業内情報システムや業務システムにも変化が訪れようとしている。WebAPIを活用した企業システムの構築であるエンタープライズマッシュアップのための環境が整備されてきている。SaaSによってもたらされた恩恵を、企業は今後自社開発システムでも享受できるのだろうか?

PAGE TOP