アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[Tips2.0]

Windows Live Toolbarでお気に入りを同期する

2007年8月22日(水)

Webブラウザでは、よく使うサイトをブックマークとして保存するが、このブックマーク情報は、ハードディスクに保存されるため、複数のマシンを使い分けるとき、それぞれで管理する必要がある。そうなると、一方のマシンでブックマークしたときに、他方にもこれをコピーしておかないと、必要なときにブックマークが見あたらないということになってしまう。

IEのブックマークは、単なるフォルダとURLリンクファイルなので、そのままコピーしてしまえばいいのだが、それも意外と面倒な作業だ。

こういうときにマイクロソフトが配布しているWindows Live Toolbarにあるお気に入りの同期機能を使うと便利だ。

この機能は、Windows Live アカウントが必要なものの、IEのお気に入りを自動的にサーバーに保存、他のマシンで接続しても、自動的に最新のお気に入りになるようにしてくれる。

オンラインなどで利用できるブックマークもあるが、このWindows Live Toolbarは、これまで使ってきたIEのお気に入りがそのまま使えることと、同期を自動的に行える点である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
Tips2.0一覧へ
関連記事

Windows Live Toolbarでお気に入りを同期するWebブラウザでは、よく使うサイトをブックマークとして保存するが、このブックマーク情報は、ハードディスクに保存されるため、複数のマシンを使い分けるとき、それぞれで管理する必要がある。そうなると、一方のマシンでブックマークしたときに、他方にもこれをコピーしておかないと、必要なときにブックマークが見あたらないということになってしまう。

PAGE TOP