[技術解説]

SaaSアプリケーションの導入~金融機関2社におけるSalesforce導入の場合~

2007年9月24日(月)

SaaS(Software as a Service)は、外部業者が提供しているアプリケーションをネットワークを介して利用するサービスである。利用開始までの期間が短い点や、バージョンアップなどへの対応が柔軟に行える点、さらにインフラやアプリケーションの運用コストを抑えられる点など、これまでのアプリケーションの利用モデルに比べると利点も多く注目を集めている。 今回は、SaaSの代表例ともいえるSalesforce.com社(以下、SFDC)のCRMソリューション「Salesforce」を大手金融グループの金融機関2社に導入した事例から、SaaS導入の成果と課題、そして今後の展望について紹介する。

1.導入の背景

まず、今回紹介する2社の会社概要を次の表に示す。

表 会社概要
会社名
A社
B社
ユーザー数 約100人 約1,000人
導入範囲 国内営業部門、管理部門 国内営業部門、管理部門
主な導入目的

新規にSFA・CRMシステムを構築

・顧客属性管理
・顧客取引情報管理
・顧客別レポート作成
・顧客折衝状況管理
・社員スケジュール管理

営業案件のステータス管理

A社は、SFAやCRMといった営業系のシステムを新規構築するのにSalesforceを利用した。システム機能要件の検討に着手してから3ヵ月後には新システム立ち上げの必要があったため、あらかじめ基本機能が揃っており、プラットフォームも用意されているSaaS形式のSalesforceを利用して早期導入を目指した。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

SaaSアプリケーションの導入~金融機関2社におけるSalesforce導入の場合~SaaS(Software as a Service)は、外部業者が提供しているアプリケーションをネットワークを介して利用するサービスである。利用開始までの期間が短い点や、バージョンアップなどへの対応が柔軟に行える点、さらにインフラやアプリケーションの運用コストを抑えられる点など、これまでのアプリケーションの利用モデルに比べると利点も多く注目を集めている。 今回は、SaaSの代表例ともいえるSalesforce.com社(以下、SFDC)のCRMソリューション「Salesforce」を大手金融グループの金融機関2社に導入した事例から、SaaS導入の成果と課題、そして今後の展望について紹介する。

PAGE TOP