[Tips2.0]

Gmailをスパムフィルターに利用する

2007年10月3日(水)

最近では、スパムメールの対策機能が搭載されているメールクライアントもあるが、それをすり抜けてやってくるスパムメールも少なくない。 その点、Gmailに装備されているスパムメールフィルターは、強力なGoogleのサーバーを使っていること、多くのユーザーからの反応も利用していることから、除去率が高いうえに、スパムフィルタ自体の設定をほとんど行う必要がない。また、万が一、スパムメールではないメールがフィルタされてしまっても、3ヶ月以内なら消去されないので救い出すことも可能だ。

このスパムフィルターを使わない手はない。やり方は簡単で、Gmailの自分のアカウント宛てにメールを転送するだけ。Gmail上でスパムメールがフィルタされた状態でメールを読めるようになる。

また、GmailはPOPによるアクセスも可能なため、フィルタされたあとのメールを日常的に利用しているメールクライアントを使って読むこともできる。POPアクセスの設定は、メールソフト別に設定例がGmilのヘルプにあるので、そちらを参照してほしい。

バックナンバー
Tips2.0一覧へ
関連記事

Gmailをスパムフィルターに利用する最近では、スパムメールの対策機能が搭載されているメールクライアントもあるが、それをすり抜けてやってくるスパムメールも少なくない。 その点、Gmailに装備されているスパムメールフィルターは、強力なGoogleのサーバーを使っていること、多くのユーザーからの反応も利用していることから、除去率が高いうえに、スパムフィルタ自体の設定をほとんど行う必要がない。また、万が一、スパムメールではないメールがフィルタされてしまっても、3ヶ月以内なら消去されないので救い出すことも可能だ。

PAGE TOP