[新製品・サービス]

日本IBM、学生を対象としたマッシュアップソフトウェアコンテストを開催

2007年10月27日(土)

日本IBMは、「マッシュアップ」をテーマに、大学生、大学院生、専門学校生を対象としたコンテスト「Scholar Challenge 2007」を開催する。 IBMでは、大学などの教育機関を支援する「IBMアカデミック・イニシアティブ」を2001年から全世界で展開しており、このイニシアティブの一環として、今回開催されるScholar Challenge 2007は、日本では第3回目のコンテストとなる。

今回のコンテストは、マッシュアップ技術をテーマとしており、アイデアとマッシュアップの新たな可能性でイノベーティブな企画を生みだす「アイデア・コンテスト」と、実際にマッシュアップを作成する「マッシュアップ・デザイン・コンテスト」を実施する。

デザイン・コンテストで利用するソフトウェアには、これまで非公開だった、日本IBMのソフトウェア開発研究所が開発したマッシュアップ・ツールのベータ版が利用される。

http://www-06.ibm.com/jp/software/academic/event/scp07/tool.pdf


コンテストの期間は10月15日から11月27日まで。

関連サイト
Scholar Challenge 2007登録サイト:http://www.ibm.com/jp/software/academic/event/scp07/

プレスリリース:http://www.ibm.com/press/jp/

関連記事

日本IBM、学生を対象としたマッシュアップソフトウェアコンテストを開催日本IBMは、「マッシュアップ」をテーマに、大学生、大学院生、専門学校生を対象としたコンテスト「Scholar Challenge 2007」を開催する。 IBMでは、大学などの教育機関を支援する「IBMアカデミック・イニシアティブ」を2001年から全世界で展開しており、このイニシアティブの一環として、今回開催されるScholar Challenge 2007は、日本では第3回目のコンテストとなる。

PAGE TOP