[イベントレポート]

「Web2.0 Summit 2007」速報、今年の最注目株はFacebook ―Googleを超えるか?

2007年11月7日(水)

「Web2.0」というキーワードを世界に知らしめたのは、ティム・オライリー氏が主催する「Web2.0 Conference」だと言われている。その源流を汲む「Web2.0 Summit」の今年の会議で最も注目を集めたのは、Facebook(フェースブック)という会社だ

「Web2.0」というキーワードを世界に知らしめたのは、ティム・オライリー氏が主催する「Web2.0 Conference」だと言われている。その源流を汲む「Web2.0 Summit」の今年の会議で最も注目を集めたのは、Facebook(フェースブック)という会社だ。

Facebookは、Mark Zuckerbergという若干23歳の若き社長が率いるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を運営する会社だ。2004年に創業したばかりだが、現在、アクティブユーザー数5000万人、月間ページビュー540億、時価総額約1兆7000億円(10月24日にマイクロソフトが270億円で2%弱の出資をしたことによる試算)とのこと。この数字は、FacebookがGoogleに匹敵するか、それ以上の勢いで成長していることを伺わせる。

コンファレンスでのエグゼクティブチームの会議でも、インターネット史の大きな出来事として、「DOSの登場、Windowsの登場、HTMLの登場、Googleの登場だ。そして、その次に来るのがFacebookだ」と語られたそうだ。

詳細は、新潮流の震源地「Web 2.0 Summit」報告

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「Web2.0 Summit 2007」速報、今年の最注目株はFacebook ―Googleを超えるか?「Web2.0」というキーワードを世界に知らしめたのは、ティム・オライリー氏が主催する「Web2.0 Conference」だと言われている。その源流を汲む「Web2.0 Summit」の今年の会議で最も注目を集めたのは、Facebook(フェースブック)という会社だ

PAGE TOP