[新製品・サービス]

エンタープライズ√2.0

2007年12月14日(金)

本稿では、国内ベンダーのエンタープライズ2.0に対する取り組みについて取材を通して感じたことについて述べる

2.0というより√2.0

筆者は、国内ベンダーのエンタープライズ2.0に対する取り組みについて、2007年の5月ごろから半年にわたって取材してきた。対象としたのは、ソフトウェアメーカーやシステムインテグレータ、そしてシステム関連の製品も扱っているハードウェアメーカーなど、さまざまである。話を聞いたのも役員から現場の開発者までとさまざまで、ベンダーとしての公式なコメントということもあれば、非公式な個人としての感想ということもあり、幅広く意見を聞くことができた。

こうした取材を通してまず感じているのは、「エンタープライズ2.0」という言葉に対する認知度の変化である。取材を始めた5月ごろは、エンタープライズ2.0という言葉すら知らない企業がほとんどで、この傾向は特に市場で多くのシェアを占める製品を持っている企業ほど顕著だった。しかし、8月以降の3カ月くらいで、エンタープライズ2.0という言葉は急速に浸透し始めているように感じている。具体的に製品などに利用される例はまだ多くないが、ベンダーの反応が以前よりも敏感になってきているのは確かで、ウェブ2.0で起こったような変化が企業の情報システムでも起きるのではないかと感じている人の割合は増えているように思う。特に、ソフトウェアベンダー、中でも企業の情報システムと関係が深いグループウェア製品を持つ企業の変化は著しい。また、これらの動きと並行して、エンタープライズ2.0をキーワードとした各メディアの記事やセミナーも増えている。

しかし、こうした変化を肌で感じつつも、現状は「国内のエンタープライズ2.0はまだ2.0と呼べるほど浸透しておらず、せいぜい√2.0(1.414)程度なのではないか」というのが筆者の正直な感想である。これは、「2.0」という言葉からイメージされるような「これから新しいことが生まれようとしている」というような変化がまだ感じられないからである。もちろん、数多くあるエンタープライズ2.0のテクノロジーの中には企業への導入が進んでいるものもある。たとえば、企業におけるブログの利用は一般的なものになりつつある。しかし、紙に書いていた報告書がメールに変わり、やがてウェブやブログに変わることが、企業の情報システムの新しい姿とすることには疑問を感じる。こうした変化は単に手段が変わっただけにすぎず、新しいテクノロジーを適用することでそれまでできなかったことができるようにならないと、本当の意味で「2.0」と呼べないのではないかと考えている。

検索からサーチへ

では、国内でエンタープライズ2.0を普及させていくのは困難なのだろうか。筆者は、国内でエンタープライズ2.0を普及させるための突破口となるテクノロジーは「サーチ」なのではないかと感じている。ここでいうサーチは、単なるgrep(指定した文字列がファイル内にあるかを検索するUNIX系コマンド)のような従来型の全文検索のことではなく、検索によってさまざまな可能性を生み出すことができる新しいタイプの検索のことを指している(本稿では、この新しいタイプの検索を従来型の全文検索と区別するため、サーチと呼ぶ)。

筆者がサーチに着目しているのは、企業の情報システムの利用状況に関する調査をすると「欲しい情報がどこにあるかわからない」、「社内で誰かがすでに取り組んでいるかもしれないのに調べられない」、「部署が違うだけで情報にアクセスできない」といった声が不満としてあがることが多いからで、サーチはこうした不満や課題に対する解となりうるテクノロジーだからである。現状に不満があるのでユーザーにも効果がわかりやすいし、国内でサーチ製品を提供するベンダーも多いので、エンタープライズ2.0のとっかりとしては適しているように感じている。なによりも、このサーチによって、新しい情報と情報のバインディング、コミュニケーション、新しい情報の見せ方などがもたらされる可能性がある点で、「2.0」と呼ぶにふさわしいテクノロジーといえるだろう。

E2=2.0(技術+スタイル)+安心

エンタープライズ2.0というと技術的な面ばかりが着目される傾向があり、それを導入するかどうかという観点だけでとらえられがちである。しかし、エンタープライズ2.0を導入するということは、単に製品を導入して利用するだけでなく、ワークスタイルの変化も求められることを忘れてはいけない。たとえば、これまではプロジェクトメンバーだけしか知らなかった情報がリンクによって入手できるようになったり、社内の知らない人から知恵を借りられるような、新しいワークスタイルも含めて受け入れられるかという点が重要になる。そういう意味では、ブログやSNSといったシステムを導入しても、ワークスタイルがそれに追従していかないと、本当の意味でのエンタープライズ2.0の実現は難しい。しかし、新しいキーワードに敏感な半面ドラスティックな変化を嫌うという傾向がある日本のユーザーには、技術そのものの導入よりもワークスタイルの変化が障壁となっているという面もあるように思う。

また、日本の企業において新しいテクノロジーやトレンドを導入する際は、ほかと同じかどうかという「安心」が重要な要素となる。そのため、あるシェアを超えると突然それが当たり前のことのように受け入れられるようになるという傾向がある。初期のオープンソースも導入に消極的な企業が多かったが、あるシェアを超えた時点から急に一般的なテクノロジーとして認知されるようになった。そういう意味では、エンタープライズ2.0の普及においてもユーザーやベンダーを含めた「安心」が必要となるだろう。

関連記事

エンタープライズ√2.0本稿では、国内ベンダーのエンタープライズ2.0に対する取り組みについて取材を通して感じたことについて述べる

PAGE TOP