[新製品・サービス]

SAS、BIツールの最新版「SAS 9.2」の提供を開始

2008年10月2日(木)IT Leaders編集部

SAS Institute Japanは9月30日、企業の戦略的インテリジェンス基盤構築を支援するBI(Business Intelligence)製品「SAS 9.2」の提供を開始すると発表した。

同社の販売するSAS 9は、企業の多種多様なデータを共通のメタデータで一元的に管理し、データの統合から蓄積、高度な予測的分析、可視化および共有化までをトータルに提供する。最新版のSAS 9.2では、データ分析、統合機能、管理運用面などで機能が強化された。

分析機能では、将来予測モデルや最適化のための新しいアルゴリズムと手法、可視化されたクエリなどによって分析モデルの精度が向上し、より多くの手段でのデータの分析や、複雑なデータの探索が可能となっている。分析結果や分析プロセスの共有化を図ることで、ビジネス生産性やパフォーマンスの向上も期待できる。

また、データ品質向上機能の拡張によって、企業のデータ統合を促進することが可能になった。ユーザーは、品質向上機能のコンポーネントを容易に構築・再利用できるほか、効率的にデータをモニターし、品質の維持に役立てられる。ユーザーインターフェイスやデバック機能の強化によって、開発生産性も向上した。

さらに、導入、コンフィグレーション、管理運用面では、ウィザードを使用したインターフェイスのほか、システム管理や変更管理、セキュリティに対応する標準技術を採用し、IT部門が直面する数々の要望に対応できるよう拡張がなされている。

ユーザーの役割に応じたインターフェイスが用意され、ユーザー自身による情報活用が促進されるなど、操作性も大きく向上し、企業経営に「予見力」をもたらす戦略的インテリジェンス基盤として提供を進めていくという。

SAS Institute Japan
http://www.sas.com/offices/asiapacific/japan/

関連キーワード

SAS / BI

関連記事

SAS、BIツールの最新版「SAS 9.2」の提供を開始SAS Institute Japanは9月30日、企業の戦略的インテリジェンス基盤構築を支援するBI(Business Intelligence)製品「SAS 9.2」の提供を開始すると発表した。

PAGE TOP