[新製品・サービス]

千葉銀行、第四銀行、北國銀行のコールセンターシステムをIBMが受注

2008年10月3日(金)

日本IBMは10月2日、千葉銀行、第四銀行および北國銀行から、3行共同の「コールセンターシステム」の構築を受注したと発表した。千葉銀行、第四銀行、北國銀行、中国銀行、伊予銀行の5行でシステム共同化を検討するTSUBASA(翼)プロジェクトの一環として、システムの更改時期が近い3行が共同開発に合意したもの。

構築するのは、テレホンバンキング(電話での銀行取引)およびテレマーケティング(電話による銀行から顧客への各種案内)を行うためのコールセンターシステム。複数の銀行で、インターネットと音声の統合チャネルを共同利用できる「IBMチャネル共同センター・サービス」のシステム基盤を利用して構築される。

「IBMチャネル共同センター・サービス」は、日本IBMがシステム運用やアプリケーションの保守を行うアウトソーシングサービスであり、銀行のコールセンターの電話台数や取引量の増加にも対応できる。インターネットとコールセンターの連携による顧客サービスの充実を図れるほか、サーバーや電話交換機のシステム基盤を共用化することでシステム維持コストの低減と運用品質の向上も期待できる。

また、3行の業務の共通機能を共同で開発することにより、各銀行が個々にシステムを開発し利用する場合に比べ、一行あたりの開発費用が抑制されるだけでなく、新商品や新サービス提供のために必要となるシステム拡張にも柔軟な対応が可能となる。

IBMでは同システムの開発を2008年10月から開始し、2009年11月から2010年3月にかけて各銀行で順次稼働させる予定だという。さらに他行にも積極的に展開し、サービスの拡充を図っていく。

日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

 

関連記事

千葉銀行、第四銀行、北國銀行のコールセンターシステムをIBMが受注日本IBMは10月2日、千葉銀行、第四銀行および北國銀行から、3行共同の「コールセンターシステム」の構築を受注したと発表した。千葉銀行、第四銀行、北國銀行、中国銀行、伊予銀行の5行でシステム共同化を検討するTSUBASA(翼)プロジェクトの一環として、システムの更改時期が近い3行が共同開発に合意したもの。

PAGE TOP