[市場動向]

早わかり、仮想化のすべて—サーバー統合からクラウドまで

2008年10月17日(金)

ビジネス環境と顧客ニーズの変化は相変わらず速く、競争が激しい市場で勝ち残るために企業は新しいサービスや製品を矢継ぎ早に投入する必要がある。もちろん、ビジネスのインフラである情報システムには、より一層の俊敏性・柔軟性の向上が要求される。「無駄の排除」と「俊敏性・柔軟性の向上」——。それが、現在の情報システムに課せられた最重要テーマである。相反するように思える2つの要求だが、同時に満たす切り札がある。ここ数年で一気に注目度が高まってきた「仮想化技術」だ。誤解を恐れずに言うと、2つの要求を同時に満たす手段は、現時点で仮想化技術しかない。だからこそ、いま改めてゼロから要所を押さえ、情報システムへの適用可能性を模索したい。

[node:145]

  • 仮想化で得られる最大のメリットは?
  • 急に仮想化が盛り上がり始めた理由は?
  • 仮想化は今後も進化し続けるのか? など

[node:146]

  • 選択肢が急拡大する仮想化製品群
  • ITのプロから見た仮想化ソフト、選定のポイント
  • 混在環境の管理が仮想化後の成果を左右する など

[node:147]

  • 仮想化でERPのアップグレードを乗り切る
  • 負荷に応じて仮想サーバーを俊敏に無停止移行
関連記事

早わかり、仮想化のすべて—サーバー統合からクラウドまでビジネス環境と顧客ニーズの変化は相変わらず速く、競争が激しい市場で勝ち残るために企業は新しいサービスや製品を矢継ぎ早に投入する必要がある。もちろん、ビジネスのインフラである情報システムには、より一層の俊敏性・柔軟性の向上が要求される。「無駄の排除」と「俊敏性・柔軟性の向上」——。それが、現在の情報システムに課せられた最重要テーマである。相反するように思える2つの要求だが、同時に満たす切り札がある。ここ数年で一気に注目度が高まってきた「仮想化技術」だ。誤解を恐れずに言うと、2つの要求を同時に満たす手段は、現時点で仮想化技術しかない。だからこそ、いま改めてゼロから要所を押さえ、情報システムへの適用可能性を模索したい。

PAGE TOP