[技術解説]

早わかり、仮想化のすべて—PART2 いざ仮想化へ、製品選びから運用まで

2008年10月17日(金)

仮想化の対象領域はパソコンからサーバー、ストレージ、ネットワークまで幅広い。それだけに、仮想化に取り組む企業にとって押さえておきたいポイントは多い。何を基準に製品を選んだら良いのか。そもそもどのような製品があるのか。コスト増につながる要素は潜んでいないのか。見逃せない製品・サービスの動向や、運用で留意すべきポイントを明らかにする。

選択肢が急拡大する仮想化製品群

編集部

仮想化製品のうち、特にベンダー間の競争が激しく、急速に機能が充実してきているのがサーバーの仮想化ソフトである。著名なベンダーだけでなく、知る人ぞ知るベンダーも今年に入って新機能を搭載した製品を発表しており、ユーザー企業の選択肢は数年前に比べて格段に増えている。

大手ではマイクロソフトが7月9日に「Windows Server 2008 Hyper-V」の出荷を始めた(表2-1)。Hyper-Vはネットワーク・カードやハードディスクのドライバ・ソフトを1つの仮想サーバーに集約して、ほかの仮想サーバーがそれを共有するアーキテクチャになっている。いったん仮想環境を構築してしまえば、仮想サーバーの追加が比較的しやすくなる。ゲストOSの種類はWindowsとノベルのLinuxディストリビューション「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)10」に限られるが、各OS用のドライバはネイティブで動作するため性能劣化が少ないのが利点だ。WindowsかSLES10をゲストOSとするなら使いやすいだろう。

画像:表2-1 画像:表2-1

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

早わかり、仮想化のすべて—PART2 いざ仮想化へ、製品選びから運用まで仮想化の対象領域はパソコンからサーバー、ストレージ、ネットワークまで幅広い。それだけに、仮想化に取り組む企業にとって押さえておきたいポイントは多い。何を基準に製品を選んだら良いのか。そもそもどのような製品があるのか。コスト増につながる要素は潜んでいないのか。見逃せない製品・サービスの動向や、運用で留意すべきポイントを明らかにする。

PAGE TOP