[技術解説]

早わかり、仮想化のすべて—PART3 サーバー統合だけではない仮想化の魅力

2008年10月17日(金)

いつの間にか管理困難なほどに増えたサーバーを、適正台数に減らせる点に着目して仮想化に取り組む企業は多い。しかし仮想化の利点は本来、「情報システムの機動力を高められる」こと。ここに目を向けると、“隠れた”キラーソリューションが浮かんでくる。例えば、基幹業務パッケージのアップグレード。仮想化技術の活用によって、要する費用と時間を大きく減らせる可能性がある。ほかにもサーバーの縮退運転による消費電力の削減など、仮想化技術の適用範囲は広い。

仮想化でERPのアップグレードを乗り切る

SAPジャパン
SAP Co-Innovation Lab Tokyo マネージャー
渡邊周二

ヴイエムウェア
テクノロジーアライアンス部長
森田徹治

基幹系システムにERP(統合業務)パッケージを使っている企業にとって、最新版へのバージョンアップは避けて通れない。法制度の変更への対応や新しい機能やテクノロジーを使うことが、パッケージ・ソフトの醍醐味であるからだ。しかし現実にはアップグレードを凍結している企業が少なからず存在する。「安定稼働しているシステムを修正したくない」のが大きな理由だが、バージョンアップといえども相当のコストと工数がかかる側面もある。

事実、SAPでは、システムの安定稼働を目指すため、「3システム・ランドスケープ環境」で開発することを推奨している(図3-1)。これは「開発機」と「テスト機」、「本番機」の3セットのサーバーを用意して開発やバージョンアップを進めるもの。3セットのすべてに、同じOSとデータベース・ソフト、ERPパッケージなどを導入。まず開発機を使ってERPパッケージのパラメータの設定や、追加プログラム(アドオン)を付加する。その後、開発機のERPパッケージの設定情報や追加プログラムをテスト機に移行して動作を検証。すべての機能が問題なく動作することを確認したら、最後にテスト機のERPパッケージの設定情報や追加プログラムを本番機に移行して本稼動させる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

早わかり、仮想化のすべて—PART3 サーバー統合だけではない仮想化の魅力いつの間にか管理困難なほどに増えたサーバーを、適正台数に減らせる点に着目して仮想化に取り組む企業は多い。しかし仮想化の利点は本来、「情報システムの機動力を高められる」こと。ここに目を向けると、“隠れた”キラーソリューションが浮かんでくる。例えば、基幹業務パッケージのアップグレード。仮想化技術の活用によって、要する費用と時間を大きく減らせる可能性がある。ほかにもサーバーの縮退運転による消費電力の削減など、仮想化技術の適用範囲は広い。

PAGE TOP