アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

マイクロソフト、Silverlight 2の概要を発表

2008年10月10日(金)

マイクロソフトは10月10日、同社の開発する次世代Webブラウザプラグイン「Microsoft Silverlight 2」(Silverlight 2)について、新機能の概要を発表した。

Silverlightは、クロスブラウザ、クロスプラットフォーム対応のプラグイン。最新版のSilverlight 2の機能を活用することで、WebデザイナーやWeb開発者は、ユーザーの気を引くRIA(リッチインターネットアプリケーション)や、メディア型体験システムを構築できるようになるという。

今回発表されたSilverlight 2には、以下のような新機能が含まれている。

メディア機能

  • デジタル著作権管理(DRM):同社のDRM技術であるMicrosoft PlayReadyを基盤としたSilverlight DRMを実装。Windows Mediaファイルを安全に保護しながら、WindowsやMac OSへ配信することが可能となる。また、IIS(インターネットインフォメーションサービス)7との組み合わせによるSilverlightのメディア配信では、Webプレイリストや、回線状況に応じ適切なビットレートで再生するアダプティブストリーミングを利用できる。
  • Deep Zoom:解像度の高い画像を高速に処理しながらも、拡大や縮小などをスムーズに操作できる機能が提供される。

RIA開発のための新機能

  • Silverlight 2は.NET Frameworkをアーキテクチャの基盤としているため、Visual BasicやC#など、.NET開発者にとっては扱い慣れている言語やツールを用い短期間でSilverlightアプリケーションの開発が可能となる。JavaScriptやIronPython、IronRubyといったプログラミング言語にも対応しているほか、Silverlight 2には、多くのカスタマイズ可能なコントロール、データ連携やネットワーク処理機能など、アプリケーション構築のための基盤が標準で用意されている。

また、マイクロソフトでは、SilverlightのオーサリングツールとなるMicrosoft Expression Blend 2、およびSilverlightに最適化されているMicrosoft Expression Encoder 2の、それぞれSilverlight 2に対応したService Pack 1日本語版を11月中旬~下旬に提供開始する予定。加えて、Visual Studio 2008用のアドインでExpress Edition以上で利用可能なSilverlight Tools日本語版も、11月上旬の提供を予定している。


マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

 

関連記事

マイクロソフト、Silverlight 2の概要を発表マイクロソフトは10月10日、同社の開発する次世代Webブラウザプラグイン「Microsoft Silverlight 2」(Silverlight 2)について、新機能の概要を発表した。

PAGE TOP