[ザ・プロジェクト]

第1回 11万カ所のコインパーキング POS情報で“見える化”図る 【三井不動産販売(三井のリパーク)】

2008年10月10日(金)

コインパーキング「リパーク」を全国展開する三井不動産販売は、管理台数11万台の稼働データを収集・分析するシステムを構築した。 開発規模30万ステップに及んだプロジェクトは1年半強で何とか収束。 幾多の壁を乗り越えた担当者2人に苦難の道のりを聞いた。 (聞き手は本誌副編集長・川上 潤司)

コインパーキング「三井のリパーク」の稼働状況をリアルタイムに収集・分析できる新システムを導入したと聞きました。2008年から本格的な活用を始めたそうですね。

横澤 はい。「Rism(Repark Information System for Management)」と呼ぶシステムです。

うまいネーミングですね(笑)。で、どんなデータを収集?

横澤 全国に約11万台あるコインパーキングごとの利用時刻や利用時間などですね。ちょうど小売業におけるPOS(販売時点情報管理)のイメージです。このほか、工事情報や問い合わせ情報など、リパークに関する様々な情報を一元管理しています。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

第1回 11万カ所のコインパーキング POS情報で“見える化”図る 【三井不動産販売(三井のリパーク)】 コインパーキング「リパーク」を全国展開する三井不動産販売は、管理台数11万台の稼働データを収集・分析するシステムを構築した。 開発規模30万ステップに及んだプロジェクトは1年半強で何とか収束。 幾多の壁を乗り越えた担当者2人に苦難の道のりを聞いた。 (聞き手は本誌副編集長・川上 潤司)

PAGE TOP