[新製品・サービス]

インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフトが「マネージドビジネスPCイニシアチブ」立ち上げを発表

2008年10月16日(木)

インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフトの3社は10月16日、企業に存在するクライアントPCの運用管理を効率化し、TCOの削減を目的とした「マネージドビジネスPCイニシアチブ」を立ち上げ、協業すると発表した。

本イニシアチブは、インテルのビジネスPC向けプラットフォーム「インテルvProテクノロジ」搭載ハードウェアと、マイクロソフトの構成管理の運用ソリューションを提供する製品System Center Configuration Manager 2007(SCCM 2007)を組み合わせて、企業ITユーザーに提供する。

インテルvProテクノロジは、高い性能と優れた消費電力、より強化された管理機能とセキュリティ機能を提供するインテルのビジネスPCのブランド。セキュリティ機能の強化と新しい自動保守機能によってPC管理に要する時間とコストの削減が可能になる。また、PCの仮想化への対応や小規模ビジネスの特別なニーズにも対応する。

SCCMは、サーバー、クライアントPC、モバイルデバイスから、ハードウェアおよびソフトウェアの情報を集約して収集し、IT基盤の構成の更新や変更に関わるすべての情報を一元的に管理できる。企業全体のIT資産管理や構成管理を実現し、内部統制の整備とセキュリティの確保を実現する。

本イニシアチブはインテルおよびマイクロソフトの持つ先進のテクノロジを活用し、多くのビジネス・クライアント運用管理システムの設計・構築ノウハウを有するウチダスペクトラムが企業ITユーザーに提供する。企業ITユーザーは、SCCM 2007の管理コンソールから一元的にビジネスPCを管理できるようになり、オンサイトでのサポート件数を低減するなど、運用管理の効率化で保守費用を削減できる。

「マネージドビジネスPCイニシアチブ」の主な内容は以下のとおり。
・ インテルvProテクノロジおよびSCCM 2007搭載ビジネスPCソリューションを活用
・ 共同での動作確認、システム構築手法の確立
・ 構築ガイドの作成
・ TCOを削減するビジネスPCの運用管理ソリューションの提供
・ 共同プロモーションの実施
・ 導入事例の獲得と事例の作成

本イニシアチブでは、3社共同検証で得た結果を、ホワイトペーパーとして10月16日よりWebサイトにて一般公開する。また11月には、検証結果の詳細を説明するセミナーを3社共同で開催する予定。技術検証を継続的に実施し、同ソリューションの共同プロモーションを展開していく。今後は、2009年6月までに25,000台の企業におけるビジネスクライアントPCに本ソリューション導入を目標とし、参画企業の増加も視野にいれて協業する。


マネージドビジネスPCイニシアチブ
http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/managedPC
インテル
http://www.intel.co.jp
ウチダスペクトラム
http://www.spectrum.co.jp/
マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan

関連記事

インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフトが「マネージドビジネスPCイニシアチブ」立ち上げを発表インテル、ウチダスペクトラム、マイクロソフトの3社は10月16日、企業に存在するクライアントPCの運用管理を効率化し、TCOの削減を目的とした「マネージドビジネスPCイニシアチブ」を立ち上げ、協業すると発表した。

PAGE TOP