アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

リアルコム、「SharePoint展開計画」に対応したコンサルティングメニューを提供開始

2008年10月18日(土)

リアルコムは10月17日、マイクロソフトの「SharePoint展開計画サービス」に対応したコンサルティングメニューの提供を開始した。マイクロソフトの情報共有基盤Microsoft Office SharePoint Server 2007(SharePoint Server)の導入を検討している企業に対して、同社の情報共有のノウハウを提供する。

同社は、多くの企業で情報共有・ナレッジマネジメントによる業務改革・ワークスタイル変革を手がけてきたノウハウを活用し、SharePoint Serverを経営課題や現場での業務課題解決に結びつけてゆくコンサルティングサービスを提供する。また同社は、マイクロソフトのSDPS(SharePoint展開計画サービス)をプログラムの一環として利用できるアライアンスを締結した。

SharePoint展開計画サービスは、マイクロソフトが展開するSA特典(ソフトウェアアシュアランス特典)のこと。本プログラムは、SharePoint Serverの購入や導入を意思決定するために必要なコンサルティングなどのサービスを、マイクロソフトのビジネスパートナー各社から、追加の費用負担無く受けることができる。

SharePoint展開計画サービスに対応したリアルコムのコンサルティングメニューは下記のとおり。

1. SharePoint Server適用業務領域推奨コンサルティング
企業内における情報共有の現状をリアルコムの方法論に基づいて調査し、SharePoint Serverを活用することで業務改善につながりやすい領域の洗い出し。

2. Notes/Domino情報棚卸支援コンサルティング
Notes/Dominoに蓄積された情報共有系データベースの棚卸し調査の支援。

3. ナレッジ共有コミュニティ立ち上げコンサルティング
情報共有の取り組みを活性化し、経営効果に結びつけやすいSharePoint Serverを活用したナレッジ共有コミュニティ(Q&Aサイト)の立ち上げを支援。

同社は、サービス提供開始から1年で10社以上の顧客獲得を目標としている。


リアルコム
http://www.realcom.co.jp/
採用企業・事例紹介
http://www.realcom.co.jp/trend/client.html

関連記事

リアルコム、「SharePoint展開計画」に対応したコンサルティングメニューを提供開始リアルコムは10月17日、マイクロソフトの「SharePoint展開計画サービス」に対応したコンサルティングメニューの提供を開始した。マイクロソフトの情報共有基盤Microsoft Office SharePoint Server 2007(SharePoint Server)の導入を検討している企業に対して、同社の情報共有のノウハウを提供する。

PAGE TOP