[製品サーベイ]

第1回 セキュリティとコスト削減で再び脚光—本格導入に踏み切る企業も増加へ

2008年10月20日(月)

選択肢広がるシンクライアント シンクライアントに関心を寄せる企業が増えている。情報漏洩の防止やシステム運用の効率化が企業の喫緊の課題となる中、その解決策として注目しているのだ。製品の選択肢も充実し始めた。低価格化、高性能化と相まって、多様なニーズに応えられる環境が整いつつある。

2007年7月、大和証券グループはセキュリティと事業継続基盤の強化を目的にシンクライアントを導入すると発表。導入台数が合計1500台と国内最大規模だったため、大きな話題を集めた。2010年度までに合計3万台と、はるかに大量の導入を決めたところもある。昨年イージス艦に関する情報流出事件が発覚した海上自衛隊である。ほかにも外為どっとコムや大林組など、セキュリティ意識の高い企業の導入事例は、もは枚挙にいとまがない。

再評価される「サーバー一元管理」

シンクライアントとは、多くの処理をサーバー側に担わせることを前提に、必要最小限の機能のみを搭載したコンピュータ端末を指す。ディスク装置は搭載せず、周辺機器を接続する入出力端子も絞り込んでいる。

最初に世を賑わせたのは90年代半ば過ぎのころだ。パソコンが高機能化と高価格化の一途をたどっていた当時、そのアンチテーゼとしてネットワークコンピュータという呼称で登場。しかし、折しもパソコンは大量生産によって価格が急落するようになり、「低価格」のアドバンテージが薄れたシンクライアントは日の目を見ることなくブームが去った。

だが、ここにきて別の観点からシンクライアントは再評価されるようになった。仮想化をはじめとする技術進歩の追い風もあり、「運用管理の効率化」と「セキュリティの確保」を両立できる業務端末として企業が注目するようになったのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

第1回 セキュリティとコスト削減で再び脚光—本格導入に踏み切る企業も増加へ選択肢広がるシンクライアント シンクライアントに関心を寄せる企業が増えている。情報漏洩の防止やシステム運用の効率化が企業の喫緊の課題となる中、その解決策として注目しているのだ。製品の選択肢も充実し始めた。低価格化、高性能化と相まって、多様なニーズに応えられる環境が整いつつある。

PAGE TOP